最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

母親と双子の兄の死に耐えられず 2人の遺体とともに暮らしていた男(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最愛の家族の死を看取った男。しかし死を受け入れらなかった男は必要な埋葬手続きをすることなく、母と双子の兄の遺体とともに1年間暮らしていたことで逮捕・起訴された。『ABC12 WJRT』『Business Insider UK』『Fox News』などが伝えている。

米ミネソタ州ホワイト・ベアー・レイク在住のロバート=ジェイムズ・クエフラー(60歳)は、母のエヴェリンさん(94歳)を2015年8月に、その1か月以上前に双子の兄リチャードさんを亡くした。後の検死結果から2人は自然死だったことが判明しているが、ロバートは自宅でそれぞれの死を看取った後、然るべき機関に届け出をすることを怠り、そのまま2人の遺体とともに1年以上も暮らしていた。しかも2人が亡くなった後のクリスマスに、ロバートは親族へのクリスマスカードに「母と兄は具合が悪く、電話で話すこともできない状態だ。訪ねてもらっても会いたくないと言っている」と綴っていたのだ。

しかし昨年の9月20日、「クエフラー家の芝生が伸びすぎている。随分長いこと家に人の気配がしない」とホワイト・ベアー・レイク警察に近隣住民が通報したことがきっかけで、2人の遺体が発見された。

エヴェリンさんの遺体は2階の寝室で腐敗しほぼ白骨化しており、リチャードさんの遺体は地下室でミイラ化していたという。2人の死を当局に届け出ることなく遺体を放置、移動した罪でロバートは10月4日に逮捕・起訴された。

逮捕後、ロバートは「母と兄の死がトラウマとなり、埋葬する気になれなかった。母はいつも自宅で死にたいと言っていたので自分が最期を看取った。母親からは埋葬してほしいという予定を聞いていなかった。世間はそうは思わないだろうが、自分は酷い人間ではない。2人のことを愛し大切にしていた」と話している。

事が発覚するまで、母親とリチャードさんの銀行口座には障害・社会保障手当が振り込まれていた。ロバートは昨年、金融搾取容疑で逮捕されているが本人は「一切手を付けていない」と話しており、現在も捜査が続いている。

同警察によると今回の件は軽犯罪として取り扱われ、裁判所を通してロバートにはカウンセリングなどの措置を予定していたが、本人は「必要ない」と話しているという。ロバートには最高1年の懲役刑が科せられることになると見られており、さらには3,000ドル(約34万円)の罰金を支払わねばならない可能性もあるようだ。

このニュースを知った人からは「この人絶対にカウンセリングが必要」「葬儀代も高額だし、愛する人を埋葬することにも耐えられなかったんだろうね」「すごく孤独を感じる」「刑務所に行かせず救う方法はないのかな」と言った声があがっている。

画像は『Metro 2017年10月7日付「Man lived with dead bodies of his mother and twin brother for a year」(Picture: Ramsey County Sheriff's Office)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス