最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

狭い部屋でも広く使える!見せるレイアウトのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
狭い部屋でも、ポイントを押さえれば、より広く見せつつ、使いやすい部屋作りをすることが可能ですよ。
一人暮らしの部屋の広さの平均は27.4平方メートル(SUUMO「20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ」より)。シングル向けの物件では20平方メートル以下の部屋も決して少なくありません。狭い部屋でもスッキリと有効に活用するためには、レイアウトに工夫が必要です。より広く見せつつも、使いやすい部屋作りのコツをまとめました。

狭くても、使いやすい部屋を作ろう

■モノを使うためにはスペースが必要
モノの大きさ+モノを使うためのスペースも含めないと、使いにくくなってしまいます
必要な家具や家電を置くために、そのスペースの広さを測るのは常識です。でも、生活するためにはモノが置けることに加えて、それを使うためのスペースも必要です。

例えば、奥行30cmの両開きの扉付の棚を購入したとします。その前にはソファが置かれていて、棚とソファの間は65cmだった場合、確かにモノの大きさだけで考えれば置けるし、扉も開きます。でも、自分がその前に立つ、もしくはしゃがんで扉を開こうとすると、後ろのソファに身体がぶつかってしまって、とても使いにくい。それを考えると、もっと薄い棚にするか、扉なしのものにした方が使いやすそうです。

このように家具の大きさや部屋のスペースだけを見ていると、使いにくい部屋作りをしてしまう心配があります。そこでモノを使うために必要な寸法を以下にまとめました。家具や家電を購入するとき、設置するときにチェックしてみましょう。

・人一人が立って歩くのに必要なスペース:60cm~
・引き出しや扉のある棚の前に必要なスペース:90~120cm
・テーブルに座ったり、立ったりするのに必要なスペース(床座):60cm~
・テーブルに座ったり、立ったりするのに必要なスペース(椅子座):90cm~
・ベッドから立ち上がるのに必要なスペース:60cm~

■生活動線を考える
生活に必要な動き、移動を考えたレイアウトにしないと、手間が増えてしまうことがあります
家事をしたり、トイレやお風呂に行ったり、モノを取りに行ったり、生活をするにはあちこち部屋の中を移動します。その途中で明らかに障害になるようなものがあったり、別の動作を挟まなくては先に進めないとなると面倒です。部屋の中にモノを置くときには、生活の中でどんな動きをするのか考える必要があります。

例えば、洗濯をするときに、洗濯機置き場から洗濯物を持ってベランダまで移動するとします。その途中にソファが置いてあって、それをよけるには一度洗濯物を床に置かねばならない。それよりはソファを移動させて、持ったまま移動できるようにした方がスムーズです。小さなことではありますが、その負担が洗濯を溜めこんだり、部屋が散らかる原因になることもあります。

ちょっとした不都合があっても、それが日常になってしまうと気づきにくいものですが、少し変えるだけでもぐんと暮らしやすくなることがあります。次のようなポイントで自分の動きを振り返り、生活動線に問題がないか見直してみましょう。必要なモノは、できるだけ使う場所の近くに置いておくとスムーズです。

●洗濯をするとき
・ランドリーボックス置き場所(衣類を脱ぐ場所と洗濯する場所の動線)
・洗濯洗剤や柔軟剤の置き場所
・洗った場所から干す場所までの移動
・洗濯物を取りこむ場所
・洗濯物をしまう場所(洗濯物を畳む場所と収納までの動線)

料理をするとき
・食材や調味料の置き場所(必要なものを探す、手に取る動線)
・食器棚や冷蔵庫の位置(扉や引き出しの開けやすさ)
・調理スペース(包丁やまな板、調理中のものの置き場所)
・料理を持った状態での食卓までの移動

掃除をするとき
・掃除用具の置き場所
・掃除機を持っての移動

身支度を整えるとき
・着替える場所と衣類の収納の動線
・アクセサリー等の服飾小物の置き場所
・メイク道具の置き場所
・脱いだ衣類の一時収納場所

■床座? 椅子座?
床座の方が融通が利きやすいため、狭い空間も有効に使えます
一人暮らしの場合、ソファや椅子は置かず、床に座って食事をしたり、テレビを見たりする床座の暮らしが主流です。そのメリットは視界を遮る家具などがないため、狭い空間を広く見せられること。

また、座布団やクッションなど簡単に動かせるものを使うことで、シーンに合わせた空間作りが簡単にできることなどが挙げられます。例えば、複数の友人が遊びに来ることになっても、椅子が足りないと困りますが、床座なら、ラグなどが敷いてあれば、そのまま座っても違和感ありません。

一方で、椅子座の暮らしは立ったり座ったりがラク。長時間座って作業をすることが多いという場合は、椅子のある暮らしが向いているかもしれません。ただし、床座よりも椅子座の方がよりスペースを要します。狭い部屋では椅子は諦めて、ベッドをソファ代わりにするといった工夫も必要です。

狭くても、広く見える部屋を作ろう

■高さ・奥行を揃える
低めの家具で揃え、床や壁の面積をまとまって見せるのが、広い部屋に見せるポイントです
部屋を広く見せるためには、家具の高さや奥行を揃え、できるだけ凸凹させないことがポイントです。わずかなサイズの差でも凸凹すると、それだけでゴチャゴチャした印象に。複数の家具を並べるとき、手持ちのものがあれば、そのサイズに揃えて購入するようにします。

すでに手持ちの家具があり、高さや奥行が異なる場合はぴったりくっつけて置かず、別々の場所に置いたり、少し離して置くといいでしょう。その間に照明や観葉植物などを置くと、サイズの差が気になりにくくなります。

■低めの家具が広く見える
自分が見下ろされるのと、自分が見下ろすのでは、圧迫感が変わります。当然自分が見下ろされるより、見下ろした方が圧迫感がない。それは家具でも同じです。狭い部屋ならば、腰から下の高さで揃えると、上部に空間ができ、広がりを感じます。

■壁・床を見せる
家具は部屋のあちこちバラバラに置くよりも、できるだけまとめて置き、壁や床をまとまった面積で見えるようにします。家具を置くときは壁の一方にまとめて、片側の壁は広く開ける、ソファやテーブルを置くときも入り口からの視界を遮らないようにし、床の面積が広く見えるようにすると、空間の広がりを感じさせることができます。

レイアウトをシミュレーションしてみよう

■サイズを測る
具体的にレイアウトを考える上で、絶対に必要なのがサイズ。面倒がって「このくらいかな」と目測で家具を買ってしまうことがあとで後悔を生むもとです。部屋探しをする段階でもらった間取図があれば、それをもとに部屋のサイズを書き込んでいきましょう。また、手持ちの家具や家電も併せて測っておきます。

・各部屋の縦横
・梁などのでっぱりの縦横
・収納の幅・奥行・高さ
・窓の幅・高さ
・キッチンのワークトップの幅・奥行・高さ
・廊下の幅
・各ドアの幅・高さ
・玄関の幅・高さ
・靴箱の幅・奥行・高さ
・手持ちの家具および家電の幅・奥行・高さ

■部屋レイアウトアプリを使う
漠然としたイメージをより具体的にするには、図面にしてみるのが一番いいのですが、手書きでは修正もしにくく大変です。そこでおすすめなのがお部屋のレイアウトアプリ。スマートフォンやパソコン上で無料で使える便利なものがたくさんあります。

【アプリの紹介はコチラ】
PC:
・PlanningWiz Online Room … 英語のみですが、英文を読まずとも視覚的に操作がわかりやすく使いやすいアプリです。自由にレイアウトできます。iPad版もあります。
・Sweet Home3Dオンライン … 部屋のレイアウトを3Dで表現できます。室内を自分で歩いている感覚も味わえるので、よりイメージしやすくなっています。
・Home Planner … IKEAの家具等を使ったレイアウトができます。手持ちの家具を入れることができないのが不便ですが、一人暮らしにも人気の高いIKEAで家具を揃えたいという場合におすすめです。
・LIFESTYLE 3D NETWORK … 20社700点以上の家具等を使って、レイアウトすることができます。かなり詳細な設定を選ぶことができ、3Dで表現されます。

iPhone・iPad:
・Home Design3D … 英語ですが、直感的にわかりやすく、レイアウトしやすいアプリです。ただし、無料版では作った間取図を保存できません。
・MagicPlan … 室内の写真を撮ると、間取図が作成できます。家具などの細かい設定はできませんが、細かい数値を入力しないでもいいのがラク。

iPhone&Android
・間取り+ … 間取図から3D画面に変更できて、わかりやすくレイアウトを作成できます。家具や家電も100点以上収録されています。
(文:河野 真希)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス