最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

セレナ、来年1月「全豪オープン」でのタイトルを防衛するため復帰予定だと発表。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「全豪オープン」関係者は、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が来年1月メルボルン・パークにおいてタイトルを守るため、競技への復帰を期待していると発表。今シーズンの全豪オープンの賞金の増額を発表した火曜日の記者会見では、大会ディレクターのクレイグ・タイリーがセレナは1月15日~28日の全豪オープンに出場する予定だと述べた。
セレナは昨年1月、姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を破ったとき妊娠中であった。セレナは9月1日に娘、アレクシス・オリンピア・オハニアン・ジュニアを出産し、競技には2018年に復帰予定だと述べていた。もし競技復帰がメルボルンでならば、彼女はさらに多額の賞金のもと戦うことになる。タイリーは賞金の総額は5500万豪ドル (4270万米ドル) にもなると述べた。男女シングルスの優勝者は、20% の増額にあたる400万豪ドル (為替レートにもよるが、約310万米ドル) を得ることになる。
タイリーはセレナがタイトルを獲得するため、トレーニングに復帰したと明かした。「セレナは戻ってくる」と話したといい、「我々は彼女をもう一度迎え入れ、彼女が数々のグランドスラムの歴代記録を打ち破る旅を続けるのを楽しみにしている。」と語った。
セレナはシングルスで23のグランドスラムタイトルを獲得し、シュテフィ・グラフ(ドイツ)の記録を破った。これは1968年のオープン化以降で最大となる。マーガレット・スミスコート(オーストラリア)は24タイトルを獲得しており、歴代記録保持者だ。
男子の部では、今年は両方とも怪我をしたが、タイリーはグランドスラムで6度優勝しているノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、元世界ランキング1位のアンディー・マレー(イギリス)の名を挙げた。2人は2018年、メルボルンで1月に優勝を争ったロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)と共に対戦する。
「私はトップ選手たち全員と連絡を取り合ってきた。そして男子も女子も100人のトップ選手全員が全豪オープンに集結することを発表できて嬉しい」とティリーは話した。
シングルス女子の部のトロフィーはビリー・ジャン・キングによって授与される。彼女が初めて「全豪オープン」でタイトルを獲得して50年が経つ。
(C)AP(テニスデイリー編集部)
※写真は復帰予定のセレナ・ウイリアムズ(全仏オープンのときのもの)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス