最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

案外多いご近所付き合い 一番不快なのは「音がうるさい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地縁が薄くなったといわれて久しいが、最近は案外多くの人がご近所づきあいをきちんとしていることが、全国の500人を対象にした「近所づきあいについての調査」(シースタイル・東京)で分かった。

国土交通省が毎年10月に定めた「住生活月間」に合わせて実施した調査。まず、「近所づきあいをしているか」について聞いたところ、63%が「はい」。ご近所さんとの関係についても、関係がとても悪いという人はわずか1%。過半数が良好な関係だと答えた。

「近所づきあいの範囲」については、戸建てに住む人と、官舎や寮を含む集合住宅に住む人では少々異なる。戸建てでは、「向こう2~3軒両隣」という人が42.2%、集合住宅だとやはり、「同じ建物」という人が42.2%と最も多かった。

結婚経験者と未婚者でも、近所づきあいについての考え方には差があった。「近所づきあいしたいか」を聞いてみたところ、「はい」63.4%、「いいえ」36.6%と多くの人がしたいと答えたが、30代以下は半数以上が近所づきあいに否定的。また、未婚の人は結婚経験のある人に比べ、近所づきあいをしたくないと考えている人が多かった。

そして、トラブルの元ともなり得る「近所づきあいで不快なこと」。一番多かったのは、戸建て、集合住宅ともに、「生活音がうるさい」こと。戸建ての2位が「なにかと難癖をつけてくる」に対し、集合住宅は「プライベートなことに入ってくる」、戸建ての3位が「違法駐車する」に対し、集合住宅は「子どもがうるさい」、「ベランダなどの共有部分でタバコを吸う」だった。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス