最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

老舗洋食店でいただく、飯村牛とレンコンのカレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月7日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分~)では、秋の茨城県を巡る特集で、「レストラン中台」(茨城県土浦市)が紹介された。

こちらは、昭和13年創業の老舗洋食店。落ち着いた雰囲気の店内には、良い香りが漂っている。
「弓豚のポークソテー」(1,800円) や「白身魚のムニエル」(1,800円)など、絶品の洋食が味わえると評判で、地元出身の力士も通っているお店なのだとか。

「幻の飯村牛とレンコンのビーフシチューカレー」(2,000円)を三船美佳さんがいただいた。

「幻の飯村牛とレンコンのビーフシチューカレー」は、土浦産のレンコンと平成12年度全国肉用枝肉共励会牝牛部門で最優秀賞を取った飯村牛を使用した色鮮やかな一品。飯村牛をフォンドボーで煮込み、レンコンやひき肉などで作ったルーにからめ、さらにレンコンをはじめとした旬野菜の素揚げを盛りつけたら完成だ。

「幻の飯村牛とレンコンのビーフシチューカレー」を見た三船さんは、「おいしそー!すっごい彩りきれい!」と大興奮。一口食べると思わず笑ってしまった。「やっぱすごいですね!レンコンの食感!シャキシャキっていうのもあるけど、ちょっとやわらかいねっとりとした(食感もある)。お肉もゴロゴロ入ってるんですね…。カレーのスパイス絶妙ですね!おいしいー!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

外部リンク(ぐるなび[テレビに出たお店ニュース])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス