最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【イタすぎるセレブ達・番外編】ポール・ウォーカー事故死からまもなく4年 彼の言葉に滲み出ていた“熱い人生観”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画スターとして大成功をおさめ、私生活では元恋人との間に産まれた娘を愛する良き父だった俳優ポール・ウォーカー。彼は2013年11月、友人がハンドルを握るポルシェに乗り、街灯や街路樹に猛スピードで激突した車は瞬く間に爆発・大炎上しポールは友人と共にこの世を去った。そんなポールは、どのような思いを胸に40年の人生を突っ走ったのか。彼の言葉のいくつかをご紹介したい。

■父としての思い

「僕の母が、(父の娘への思いを)一番上手に表現していたよ。『小さな娘は、パパのハートをソフトにするものだから』ってね。」

「僕は自分が父親だってことが嬉しくてたまらない。ほとんどの時間、僕は父であることに最も集中している。そう、僕は役者だけれど、興味のあることは他にもたくさんあるんだ。」

■仕事

「仕事は、善良な人達としたいと思う。怒鳴り散らすような監督はごめんさ。そういう人とどうにかやっていくなんてできない。」

「今の僕にとって、役者業はもう労働って感じじゃない。誇りに思える作品に出る。それが全てさ。」

「でも人生は短いんだ。映画だけが全てじゃない。」

「僕は自分自身であるはずの“ポール・ウォーカー”より『ワイルド・スピード』シリーズのブライアンの方がしっくりくる。『ヘイ、ポール・ウォーカー』って声をかけられると、困惑してしまう。だけど『ブライアンだ!』なんて言われると、良い気分だね。」

■夢・哲学

「僕の哲学はこう。楽しめないことなら、やる意味はない。」

「全てを手に入れたい。それが夢さ。いろんなことに挑戦して、全てを人生に詰め込みたい。」

「『思いきりやれ。さもなきゃ、家に帰れ』。そんな思いで生きているんだ。全てのことにおいてそう思う。コミットできないことには、最初から手を出すなってこと。そういう生き方が好きだね。」

「歯ブラシ、歯磨き粉、デオドラント。僕にはそれさえあれば良い。その他のことを気にする時間も忍耐力もないんだ。髪のスタイリング? やり方を学んだこともないね。」

恋愛

「有能で、しかも女性的。オテンバなのに女性的な部分のある人が好きなんだ。」

「一緒にベッドに入った人の隣で、目覚めたい。いろんな場所にドレスアップしてついて来てくれるけれど、爪が汚れたりマニキュアが剥がれても平気。そんな子が良いね。」

■愛する人達への思い

「本当に大事なことは、愛する人達がハッピーで健康ってことさ。他のことは、サンデー用のトッピングみたいなものさ。」

■人生観

「全てはそれなりの理由があってしかるべき時に起こる。僕はそう信じている。」

「僕は何も恐れていない。僕はそういう男なんだ。」

「何も恐れていない」―そう強がったポールは、自身の運命を感じ覚悟を決めていたのであろうか。ちなみに“ポールの言葉”として、以下の言葉が多くのメディアに報じられている。

「もしある日、スピードのせいで僕が死んでしまっても泣かないでくれ。だって僕は(死に際まで)微笑んでいたってことだから。」

しかしこれについては「どこで言った言葉なのか」など一切不明で、彼の言葉だと証明するインタビューなどすらないという。なお事故調査にあたったロサンゼルス郡保安局とカリフォルニア・ハイウェイパトロールによると、ポルシェの走行スピードなどが事故の主な原因だったとのこと。それゆえにこれが「ポールの言葉」として一気に広まり「死を予期していたのか」と憶測したファンも多かったようだ。

家族を愛し多くの友人・ファンに慕われたポールは、何を思いこの世を去ったのか。全てに力を注ぎ突っ走った彼は、短いながらも熱く濃い人生を立派に生き抜いた。

画像は『Paul Walker 2017年7月1日付Instagram「“If I lose, winner takes my car clean and clear. But if I win, I take the cash, and I take the respect!”」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス