最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【テレビの開拓者たち / 鈴木おさむ】地上波もネットも、面白いものを表現する場という意味では同じなんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「笑っていいとも!」(1982~2014年フジ系)や「SMAP×SMAP」(1996~2016年フジ系)、「ココリコミラクルタイプ」(2001~2007年フジ系)、「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(2008~2015年テレビ朝日系)、そして現在放送中の「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)などなど、数多くの人気バラエティーを世に送り出し、さらには「人にやさしく」(2002年フジ系)、「奪い愛、冬」(2017年テレビ朝日系)といったドラマの脚本も手掛けるなど、日本のテレビ界を牽引し続けるヒットメーカー・鈴木おさむ氏。自らが相談役となり、次世代のスターを目指す若手芸人の成長を手助けする新趣向のお笑い番組「冗談手帖」(BSフジ)も話題の鈴木氏に、これまでのキャリアを振り返ってもらいながら、番組作りの極意を聞いた。当代随一の売れっ子放送作家が語る、テレビメディアの未来とは――?

■ 芸人も、テレビの作り手も、YouTuberというライバルを認めるべき

――まずは「冗談手帖」についてうかがいたいんですが。どのようなきっかけで番組がスタートしたのでしょうか。

「『笑っていいとも!』や『SMAP×SMAP』を一緒にやらせてもらったフジテレビの元プロデューサーで、今はBSフジの常務取締役を務めていらっしゃる荒井昭博さんから、『若手の芸人を育てるような、フジテレビらしいお笑い番組をBSフジで作りたい』とお話があったんです。地上波だとネタの尺(放送時間)にも制限があるから、BSで芸人さんのネタをちゃんと放送できるっていうのは、すごくいいなと思いました」

――おさむさんがMCも担当されることになった経緯は?

「それは、荒井さんに『おさむ、出てくんないかな?』と言われたから(笑)。でも実を言うと、最初は、若手の芸人さんにネタのアドバイスをするという役回りは、あまりやりたくなかったんです。僕は、タカアンドトシの2人やカンニング竹山さんと、昔からテレビでご一緒させてもらっていて、単独ライブにも作家として関わっているんですけど、芸人さんと向き合いながら作るライブって、ちょっとした戦いなんですね。そういう大変さを分かっているだけに、軽々しくアドバイスなんてできないと思ったんですよ。だけど、一度やると決めたからには、僕にできることは全てやろう、と。今は、タカトシや竹山さんの経験談とか、売れるまでの苦労話とか、僕が彼らと接する中で見聞きしたことや感じたこと、話せる限りのことを全部、若い芸人のみなさんに伝えたいと思っています」

――タイトルの“冗談”はやはり、かの伝説のお笑い番組「冗談画報」(1985~1988年フジ系)からの引用でしょうか?

「そうです、フジテレビイズムということで、“冗談”の二文字をタイトルに入れたかったんですよ。それと、当時ちょうど育休中で、朝ドラの『とと姉ちゃん』(2016年NHK総合ほか)を毎日見ていて、『暮らしの手帖』という雑誌は、こんなすごい人たちが作っていたのか、なんて感心しているうちに、“手帖”という言葉が気に入っちゃったんですよね、字面も含めて。その2つの言葉を合わせて、『冗談手帖』というタイトルにしました」

――明日のスターを目指す若手芸人を後押しする番組ですが、テレビ界は今、ネタ番組もめっきり少なくなり、お笑いのスターが生まれにくい、という実状もあります。おさむさんは、そのような状況を、どのようにごらんになっているのでしょうか。

「いや、やっぱり今の芸人さんは大変だと思いますよ。たとえネタで注目されても、テレビで活躍するには、トーク力とか、リアクションの面白さとか、“平場”で力を発揮できないとダメですし。

だけど逆に言えば、今はテレビじゃないところにもチャンスは転がっている。その最たるものがネットですよね。ロバートの秋山(竜次)くんの『クリエイターズ・ファイル』が、すごくいい例だと思うんですけど、今後はあんなふうに、地上波のテレビだけにとらわれず、芸人さんの表現の仕方とか表現の場はどんどん広がっていくんじゃないかなと僕は思ってるんです。ただそれは、ライバルが多くなる、ということでもあって。僕は最近YouTuberと交流があるんですけど、例えば、フィッシャーズ(※7人組のネットパフォーマー集団)なんて、動画が1カ月に3億再生ですよ。今年の『めざましライブ』(※フジテレビ主催の夏のイベント「お台場みんなの夢大陸2017」内で開催)でも、一番たくさんの人を集めたんですから。雨の日に7千人、他のどのタレントよりも集客力がある。こういうすごいライバルがいるんだってことを、これからの芸人さんはしっかりと見据えて勝負していかないとダメなんじゃないかと思いますね。さらに言うなら、テレビの作り手である僕らも、YouTuberみたいな存在もちゃんと認めて、今までと違う意識で臨まないといけないと思います」

■ SMAPというスターと一緒に番組を作れたことは、とてつもない贅沢でした

――近年は、地上波のテレビと動画配信サービスが協同で番組作りを手掛けるといったケースも増えてきているようですが、一方では、地上波とそれ以外のメディアは全く別物だと考えている方もいるようです。

「僕なんか、もっと仲良くなっちゃえばいいじゃん、と思うんですけどね(笑)。いや、もちろん地上波のパワーはまだまだすごいですよ。例えば、僕が名前を隠して参加していた『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)という番組も、音楽界に影響を与えたと思いますし。そういうふうに、地上波のテレビから新たなムーブメントがどんどん生まれたらいいなと思うけど、他のメディアから次々と新しい文化が生まれてきているのも事実ですから。現に今、Amazonプライム・ビデオの『バチェラー・ジャパン』とかも流行ってるわけだし、僕は関わっていないけれど、この前AbemaTVでやった『亀田興毅(に勝ったら1000万円)』の特番もすごかったじゃないですか。それに、この『冗談手帖』だって、BSの番組ではあるけど、かなり反響が大きいし、地上波ではできない新しいことをやれているという自負もある。要するに、地上波も、BSもCSも、ネットの動画も、僕の中では差別化していないというか。面白いものを表現する場という意味では全部同じ、という感覚もあるんですよね」

――またおさむさんは、芸人さんの番組を手掛ける一方で、SMAPのバラエティー番組も数多く手掛けてきました。

「20年にわたって『SMAP×SMAP』という番組を作れたということは、テレビ人として、ものすごく貴重な経験だったと思っています。番組が始まるときに、プロデューサーの荒井さんがおっしゃっていた言葉は今でも忘れられないですね。『スマスマ』がスタートした1996年というのは、クラブやスノボが流行り始めたころだったんですけど、荒井さんいわく、『“0”から“1”を作るんじゃなく、ディスコがクラブになり、スキーがスノボになったように、今までテレビバラエティーが作り上げてきたものを、SMAPという新しい才能によって、より輝きを放つものにアップデートしてほしい』と。その考え方には本当に感じ入るものがあったし、実際、とても勉強になりましたね。週に一度の会議も刺激的で、毎回、他の番組とは違う発想で臨んでいました。本当に、SMAPというスターと一緒に番組を作れたことは、テレビの作り手として、とてつもない贅沢だったと思います」

■ ヒット番組の条件は“今までありそうでなかったもの”

――では、ご自身のターニングポイントになったお仕事は?

「『Qさま!!』ですかね。『スマスマ』をやらせてもらって、ようやく経験値が付いてきたころに、チーフ作家として参加させてもらった番組なので、すごく責任感を持って取り組んでいた記憶があるんです。『Qさま!!』は、元々は、芸人さんが体を張って潜水とか高飛び込みに挑戦する、という番組で。その後、ゴールデン帯の放送になって、内容をリニューアルしようということになって、解答者が輪になって考える“お勉強クイズ”の形(「プレッシャーSTUDY」)を作ったんですけど、あのときのリニューアルは特に、自分の中では大きなターニングポイントになったと思います。

それと、『ココリコミラクルタイプ』も思い入れは強いですね。視聴者の体験談をコントで再現するという番組だったんですけど、当時はボロクソ言われたんですよ。『コントなのか、再現VTRなのか、はっきりしろよ』みたいな。実際、難しい部分もあったんですけど、だんだん形になっていって、今では再現コントって、バラエティーのひとつの定番になっているじゃないですか。僕は常々、“今までありそうでなかったもの”がヒットすると思ってるんですけど、その僕の持論が『ミラクルタイプ』で立証されたというか(笑)」」

――「今までありそうでなかったもの」というのは、おさむさんが新しい番組の企画を考えるときの軸になっているんですね。

「そこだけにこだわっているわけではないけど、結果的に考えると、それもひとつあるのかなと。“ありそうでなかった”企画って何と言うか、すごく“飛距離”が出るんですよね。その意味では、『お願い!ランキング』(2009~2017年テレビ朝日系)も、“ありそうでなかった”の典型的なパターンで。あの番組は、テレビ朝日の深夜帯を改革しようということで始まったんですが、予算の問題もあって、タレントなしで成立する企画を考えてくれと言われたんです。しかも月~金曜の毎日1時間。そこで、食品メーカーのある一社の商品をランク付けするという企画を思い付いて。僕は当時、『家電批評』という雑誌が好きでよく読んでたんですけど、ああいうふうに家電を並べて点数を付けて評価するということを、なぜテレビでやらないのかなって、ずっと不思議だったんですよ。雑誌だけじゃなく、Amazonでもいいんですけど、商品に点数を付けるという当たり前に行われていることが、テレビだとなぜできないかというと、結局、スポンサーへの配慮なんですよね。でもそんな事情は、テレビを見ている人には全く関係のないこと。当時の『お願い!ランキング』は幸い、理解のあるスポンサーが付いてくれていたようで、“今までありそうでなかった”企画が実現できたわけです」

――そして、「お願い!ランキング」のスタイルもまた、バラエティー番組の定番となっていったわけですね。

「そうですね。あと、あの番組は、アニメのキャラを使ったのも面白かった。あの豚のキャラの声、実は僕がやってたんですよ(笑)。VTRチェックも含めて、自分が声を当てるのが一番早かったんです。僕はそれまでいろんなタレントさんとお仕事してきましたけど、その流れとは真逆の、タレントを一人も使わない番組に携われたことも、自分の中では大きかったですね」

――さらに、おさむさんはバラエティーだけでなく、ドラマの脚本も手掛けられています。今年の1月クールに放送された不倫ドラマ「奪い愛、冬」もSNSなどで大きな話題となりました。

「連ドラの脚本は、何年かに一度のペースで書かせてもらってるんですけど、いつも自分の身の丈に合うテーマの作品を書きたいと思っています。『生まれる。』(2011年TBS系)の“高年齢出産”というテーマは、当時、うちの妻の赤ちゃんが残念なことになって、新しい命が生まれるということはすごいことなんだと改めて思ったときに浮かんできたテーマで。『奪い愛、冬』は、育休中にオファーが来たんですけど、『ドロドロの不倫のドラマをお願いします』と聞いて、大爆笑したんですよ。『育休中の男が不倫ものを書くの!?』って。でも、元々そういう世界は好きなんで、振り切って書きました。その分、今までで一番楽しんで書けた脚本かもしれないですね」

https://news.walkerplus.com/article/124059/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス