最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「君らしく生きて行く自由」とは? 大森靖子/サイレントマジョリティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大森靖子 サイレントマジョリティー





欅坂46のサイレントマジョリティーが注目を集めた理由の1つとして、アイドル曲らしくない歌詞が挙げられる。欅坂46は「皆よく似ていて同じように見える」など、AKB系列のアイドルという縛りで見られることもあるだろう。

しかし、「自由を求めて自分らしく生きてい、大人たちには支配されない」と誰もが予想しなかった歌でデビューを果たした。多数派に属しているとしても、考え方まで多数派に属すことはない。アイドルグループが歌ったからこそ影響力をもったのだろうか。

大森靖子の新訳




反対に「グループ」や「群」とはほど遠いところで活動しているのが大森靖子だ。「30年間リアルに大人達に支配されずに自分を貫いていた私なりの新訳サイレントマジョリティーです。」とMV発表の時に言っていた。大森靖子との新訳とはどのようなものだろう。そこには大森靖子なりの自由が表現されていた。



「自由がある」というのは誰からも支配されずに好きなように生きて行けることだ。楽そうに思えるが実際自由になっていればそれだけではない。自由と責任は常に隣り合わせだからだ。



自由を手にした瞬間から「苦しい」という言葉が使いづらくなる。自由の責任は常に自分でとらないといけない。大衆からは「自分で選んだ道なんだから」「好きでやってることなんだから」と思われるだろう。自分を見失ったり、否定されたり、孤独になったりと、傷つくことの方が多い場合もある。それでも「君は君らしく生きていくことができるのか」と少数派の人間一人一人に問いかけているようだ。

本当にyesでいいのか






「大衆の同じようにyes と言ってもいいのか」というのが原曲の意味だ。しかし大森靖子が歌うサイレントマジョリティには「本当にyesでいいのか」という自信のなさや不安も感じられる。MVにでてくる少女達も欅坂46とは違いどこか寂しそうな顔をしている。

「あなた達が自分のことを醜いと思っていても私からはみんなが美しく見える」大森靖子が以前ファンにむけて言っていた言葉だ。 孤独や悲しみだってそれで自分が愛せれる音楽と出会えるなら喜びに変わる。だからどれだけ辛くなったとしても「自分らしく生きていくこと」は美しくみえるのだろう。大森靖子のサイレントマジョリティーは「自由に生きていって大丈夫なのだ」と安心をあたえてくれているようだ。

欅坂46が「サイレントマジョリティー」という曲で人をひっぱっているなら、大森靖子は後ろから支えていってる。原曲を尊重した、意味のあるカヴァーだ。


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス