最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「AKIRA」「攻殻機動隊」も!SFに影響を与えまくった『ブレードランナー』の世界観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ついに10月27日(金)に公開が迫った『ブレードランナー 2049』。82年に公開された前作『ブレードランナー』は、同年の夏に公開された『E.T.』の空前の大ヒットの影響で興行成績は振るわなかった。しかし、その後のソフト化や名画座などでのリバイバル上映で映画はカルト的な人気を獲得し、さらにディレクターズカット版の公開などを経て、作品への支持がますます上がり、現在ではSF映画を語る上で欠かせない傑作という評価を確立している。

映画『ブレードランナー』を語る上で無視できないのは、荒廃した未来都市のデザインだ。それまでのSF映画では、未来都市はクリーンなイメージとして描かれていたが、本作では舞台となる2019年のロサンゼルスを環境汚染が進み酸性雨が降り続ける退廃的な街として描き出した。さらに世界中の映画ファンを驚かせたのは、ひらがなや漢字が多用された無国籍な街並み。飛行車が街の上空を飛ぶシーンで、高層ビルの壁面に芸者姿の女性(胃腸薬「強力わかもと」の広告)が映し出されるカットはあまりにも有名だ。

このアジアンテイストが盛り込まれたカオスな未来都市のデザインは、リドリー・スコット監督が来日した際に訪れた新宿・歌舞伎町の街並みや、フランスの漫画作品からインスピレーションを得たとも言われている。高層ビル群の下で人と機械が入り組むアジア的な都市像は、その後に作られた世界中のSF作品でも踏襲されることに。大友克洋が漫画&劇場版アニメを手掛けた「AKIRA」、麻宮騎亜原作のコミックスで、映画&アニメ化もされた「サイレントメビウス」、押井守や神山健治がアニメ化した士郎正宗原作の「攻殻機動隊」、さらに渡辺信一郎監督のアニメ「カウボーイビパップ」などにも影響を与えている。

そんな伝説的作品の誕生から35年の時を経て、ついに全貌を表す続編『ブレードランナー 2049』。リドリー・スコット×ドゥニ・ヴィルヌーヴという夢のタッグが実現した今作でも、映画ファンの心を掴むインパクトある映像の数々が観られるに違いない!【トライワークス】

https://news.walkerplus.com/article/123693/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス