最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ネットショッピング「ポイントのお得な裏技」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インターネット通販サイトの最大手と言えば「Amazon(Amazon.co.jp)」。ネットショッピングの定番サイトだが、ポイントサービスを活用している人は意外に少ないのではないだろうか。今回はポイント制度の概要や“お得なポイントの貯め方”について紹介していこう。

■「Amazonポイント」は貯まりにくい?  Amazonで発行されている「Amazonポイント」は、1ポイントにつき1円換算でショッピングに使用可能。ポイント発行のタイミングが特徴的で、商品を注文すると「仮ポイント」がつき、商品発送日を目安に「確定ポイント」へと切り替わる仕組みになっている。

ただしAmazonでは、すべての商品でポイントが入手できるわけではなく、対象商品が一部に限られているので要注意だ。もし効率的にポイントを貯めていきたい場合には、「Amazon Mastercard」というクレジットカードを作成するのが手っ取り早い。また「Amazon Mastercard ゴールド」には約1万円の通常年会費がかかるものの、「Amazon」サイト内では2.5%、それ以外での利用でも1%が還元されるので、コアなAmazonユーザーにはもってこい。

また同サイトでは、たびたび電子書籍「Kindle」でのポイント還元セールが行われている。今年5月には出版社やレーベルを横断する形で、さまざまなコミックスを92%分のポイント還元で購入できるセールが登場。SNS上で大きな反響を呼び、「売値が972円なのに900ポイントつくのは意味不明」「ポイントで買うそばからポイントが還元される恐ろしいセール」「キャンペーンが続いてたら100冊は買ってた」と盛り上がっていた。

■「楽天スーパーポイント」を活用する方法 他には別のサイトで貯めたポイントを使って、お得にショッピングする“裏技”もある。具体的な手順としてはまず「楽天スーパーポイント」を貯めて、電子マネー「楽天Edy」に変換。Amazonの決済や、ギフト券の購入に使うことで、お得に支払いを済ませることができる。

「楽天スーパーポイント」も1ポイントにつき1円換算だが「楽天市場」は、Amazonと違い、すべての商品がポイント付与の対象。100円購入するごとに1ポイントが付与される仕組みになっている。

またネットショッピングだけでなく、楽天グループ内のさまざまなサービスで横断的に使えるのも強み。「楽天トラベル」で宿泊予約をするときなどにポイントが付与される他、『サークルKサンクス』や『マクドナルド』などさまざまな店舗に対応しているので、普通に生活しているだけでもポイントが貯まっていくはずだ。

「楽天スーパーポイント」をさらにお得に貯める方法として、段階的にポイント付与の倍率が上がっていく「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」という制度もある。まず「楽天」のクレジットカードを使用するだけで、通常のポイント付与に加えて3倍のポイントが上乗せされる。そして「楽天市場アプリ」を通して買い物すると、その月の末日まですべての買い物にプラス1倍のポイントが付与される。また楽天モバイルや楽天プレミアムカードなどを併用することで倍率が上がっていき、最大ではポイントが7倍に。

買い物の仕方次第で、どんどん貯まるポイント。上手に活用して、ネットショッピングをお得に楽しんでほしい。


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス