最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ただならぬパワーを感じる…精霊が宿る樹齢2000年の大楠「来宮神社」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはCHIEです。
先日もまた英気を養いにパワースポットを巡ってきました。
今回は1日しか休みがなかったので熱海へ。東京から新幹線で約45分。
リフレッシュしにどこか行きたいけど遠出するのは難しいという方に、熱海はオススメです。温泉に行った帰りでも、サクッと気軽に立ち寄れる熱海のパワースポットをご紹介します!

【来宮神社】

■樹齢2000年、ただならぬパワーを感じる「大楠」



来宮神社は710年に創建され、木の根をご神体としたところから「木の宮」という名前になったそうです。有名な武勇と決断の神様「日本武尊命(ヤマトタケルノミコト)」が祀られ、平安初期には征夷大将軍坂上田村麻呂が戦勝を祈願したことから、勝負運・心願成就・来福のご利益がある神社として知られています。

神社自体のパワーももちろん凄いのですが、圧巻なのは境内にある樹齢2000年の大楠。



高さ26メートル、幹回り24メートルの大樹は全国で二番目の大きさで、国の天然記念物にも指定されています。
願い事を誰にも告げず、まわりを1周すると願い事が叶うと言い伝えられています。



大楠のまわりは明るいオーラが漂っていて、ただならぬ霊気を感じるパワースポット!
近くには川も流れていて、水の音に耳を澄ましながら木の前で目を瞑ると、からだから邪気がスーっと抜けていくような感覚がして、全身が軽くなりました。
木のエネルギーは自分が立っている地面の下からも感じ、上へ突き上げられるような力強いパワーを感じます。

境内にはメインの大楠の他にも手前にちょっと小ぶりな(それでもデカい)大楠があります。



木の中に入るとやんわり温かい気を感じて、不思議な感覚になりました。



■熱海屈指のパワースポットはフォトジェニックスポットでもある

神社にいて目についたのは若い女性の参拝者の多さ。皆さん首から大きなカメラをぶら下げていて、写真撮影をしていました。
ここ来宮神社は「心さやかに参拝できる環境づくり」をテーマに掲げていて、参拝者が喜ぶ環境になっています。

境内には誰かが作ったもみじのハートがあったり。



オシャレなカフェも併設されていて、甘味をいただきながらゆっくりと時間を過ごすことが出来ます。



「来福スイーツ」という名前がついていて、食べるだけでハッピーな気分になります。



また、夜には大楠のライトアップも行われています。
「木霊 フォレストプロジェクト」といい、160個のLEDでライトアップされた境内は幻想的な世界が広がり、昼間とは違う来宮神社を楽しむことが出来ます。
ライトアップは年中無休で夕暮れから午前0時まで行われているので、ぜひみなさんも癒されに行ってみてください。

・来宮神社
【住所】静岡県熱海市西山町43-1
【アクセス】JR来宮駅から徒歩約5分

【伊豆山神社】

■源頼朝と北条政子が結ばれたパワースポット

せっかく熱海に来たのならもう一か所、「伊豆山神社」がおすすめです。



こちらは源頼朝と縁の深い神社で、頼朝が配流された際に源氏再興を祈願した神社。また、妻の北条政子と逢瀬の場であったことから縁結びにご利益があると言われています。

伊豆山神社は山の上にあり、険しい階段を登っていきます。



この階段が結構急で大変なのですが、拝殿に到着後うしろを振り返ると海が広がっていて最高に気持ちが良かったです。
力強いパワーをもらいたい時、ご縁がほしい時におすすめのスポットです



・伊豆山神社神社
【住所】静岡県熱海市伊豆山上野地
【アクセス】JR熱海駅からバスで7分。「伊豆山神社前」下車

帰りは山を下り、その足で10分くらい歩くと「逢初橋」というバス停が見えてきて、その下には「走り湯」という横穴式の源泉があります。

■日本三大古泉の1つ「走り湯」



明治以前は伊豆山神社の神湯として信仰されていた源泉。
日本でも珍しい横穴式の源泉で、奥行5メートルの洞窟から今も70度の湯がボコボコと激しい音を立てて湧き出ています。



中は暗いですが入ることができ、神秘的な光景が広がります。
モクモクした湯気に全身を包まれて、まるでミストサウナにいるような気分。
少しいただけで身体が温まり、洞窟から出てきたときは温泉に入ったような清々しさでした。



今回はこの2か所のシンプルな旅でしたが、サクッと行って気分をフレッシュしたい時におすすめです。
みなさんも息抜きにぜひ熱海へ行ってみてください!

(スピリチュアル占い師 CHIE)


外部リンク(いまトピ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス