最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

清宮幸太郎「プロ入り決断」のウラ側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高校通算111本塁打の怪物スラッガーがNPB殴り込みを宣言。野球界の未来を担う若武者が心の奥底に秘めた“ホンネ”に迫る――。

■早稲田実業の先輩・王貞治に憧れ… プロ入りか大学進学か、これまで結論を先送りにしてきた高校通算111本塁打スラッガー、早稲田実業の清宮幸太郎内野手が、9月25日、ついにプロ志望届を提出した。同23日に早実で記者会見に臨んだ清宮は、「大学へ行くにしろ、自分の夢はプロ野球選手。野球に集中できる環境ということでプロを選んだ。(憧れの選手は)早実の先輩である王貞治さん。(王さんの本塁打記録)868本を目指せるような選手になりたい」と力強く明言した。

野球評論家の黒江透修氏は、清宮のプロ入りを高く評価する。「メジャーに行くのが最終的な夢だとしても、いきなりアメリカに行っても絶対にうまくいかない。まずは日本の球団でやることに決めたのは、実にいい決断だと思います」

とはいえ、清宮は最初からプロ一本に絞っていたわけではない。「記者会見で本人が語っていたように、そもそも清宮は早大に入るために早稲田実業に入学したという経緯がある」(早大関係者)

■早稲田大学進学も有力視されていたが… しかし、15年夏の甲子園に1年生で出場し、2本の本塁打を放って高校野球のスターになって以降、進路については清宮家の中でも意見が分かれてきた。「慶應大学ゴルフ部で主将まで務めた母・幸世さんは終始一貫、大学進学を主張していたといいます。早稲田大学のラグビー部の主将を務めた父の克幸さんは、息子の進学とプロ行き、どちらを推すか揺れていたそうです」(前同)

克幸氏の同級生で友人の元ロッテの小宮山悟氏も、「進学したほうがいい」とアドバイスをし、早大から克幸さんへの直接のアプローチもあったといわれる。「この夏、早大関係者が集まる会があり、出席していた克幸さんは会の途中に別室に呼ばれ、大学幹部から“息子さんを進学させてくれ”と嘆願されたそうです。ただ、克幸さんは明言を避けたそうです」(同)

■東京オリンピックで侍ジャパンのメンバーになる目標も… また、清宮はプロ入りの他に2020年東京五輪出場という、もう一つの目標を持っていた。「プロに入り侍ジャパンのメンバーになるには、球界のトップに上りつめなければならず現実的には難しい。そこで、東京五輪に携わる関係者の一人が、大学生の清宮を侍ジャパンの“アマチュア枠”に送り込み、五輪を盛り上げようと目論んだんです。その人物も、早大進学を強く推していました」(スポーツ紙デスク)

そうしたこともあって、プロ入り表明直前まで、「清宮は進学で間違いない」という説がアマチュア野球界では流れていたという。だが、スポーツライターは、「清宮君の中では早くから決まっていたと思います」と言うのだ。「今夏、西東京大会の決勝で東海大菅生の投手に抑えられ、チームが敗れて甲子園に出場できなかったときに心は決まったのでは。それが、後のU-18W杯のカナダ遠征で、より強固になったのではないかと思うんです」(前同)

■甲子園に出場できず、U-18ワールドカップで実力を思い知らされた カナダでのW杯では、2本の本塁打は放ったものの、打率は.219と低迷。外国人投手の手元で微妙に変化する球に対応できず、現時点での実力を思い知らされたのだ。「会見で“夢はプロ野球選手”と語ったように、いずれプロに行くのならば、実力の劣る大学野球よりも、厳しい環境で、より早く成長ができるプロを選択したのは当然だと思います。これまでプロ入りをなかなか明言できなかったのは、早大進学を勧める多くの大人に気を遣ってのことではないでしょうか」(同)

さて、清宮のプロ宣言で色めき立っているのが各球団のスカウトたち。これまでのドラフト複数指名記録は野茂英雄と小池秀郎の8球団だが、清宮はこれを上回るともっぱらなのだ。清宮指名が確実視される球団は、清宮の憧れの人・王球団会長が「欲しい」と明言したソフトバンクや、プロ入り宣言から30分で1位指名宣言をした阪神。阪神は、「父・克幸さんが大ファンで、清宮は自宅の地下練習場で阪神のマスコットバットで打撃練習をしていた」(同)というから、もしかしたら相思相愛なのかもしれない。

■ドラフト会議で11球団が指名する可能性 前出のデスクは、「即戦力の左投手、あるいは広陵の中村奨成捕手にターゲットを絞っている広島を除く、最大11球団が指名する可能性がある」と言う。清宮自身は「12球団、指名されれば、どこにでも行く」と公言しているものの、「それは建前でしょう。実際は、育てるのが下手な球団や、出場機会のない球団には行きたくないというのが本音。具体的には、“中日はちょっと……”と言っている、という話が漏れ伝わってきます」(前同)

■ポスティングでのメジャーリーグ移籍を容認するか いずれにしても、ドラフト当日までに清宮家は、獲得を希望する球団と何度も“面接”を行うといわれる。「同席するという父・克幸氏は、息子の長所と短所はどこだと考えるのか、息子をどう育てるつもりなのかという質問を何度も繰り返し、各球団の本気度を確かめるはずです」(同)

また、各球団と清宮家のやりとりを、他球団は必死でキャッチしようと考えるだろう。この情報戦の結果、各球団のドラフト戦略が変わってくる可能性もある。この際、大きなテーマとなるのが、各球団がポスティングでのメジャー移籍を容認するのかどうか。周知のように、清宮は最終的にはメジャー行きを切望しており、それも、できるだけ早く挑戦させてほしいと考えている。「ダルビッシュや田中将大がそうだったように、これまでは日本で7シーズン戦った後、ポスティング移籍するのが常識でしたが、今オフに渡米することが確実な大谷翔平が、これを5シーズンに短縮してしまいました」(同)

大谷は日本ハム入団の際に、早期メジャー行きが確約された“密約”を結んだと噂されていて、清宮も、この大谷方式を踏襲したいところだろう。

■巨人、阪神、ソフトバンクの方針は… ここで問題となるのが、これまでポスティング移籍を認めてこなかった球団がこれまでの内部規定を変更してまで清宮を獲りにいくのかどうか、という問題。具体的には巨人、阪神、ソフトバンクである。「どうやら阪神は、ポスティング移籍を認める方向に方針転換したようですが、問題は、巨人とソフトバンクです」(夕刊紙記者)

今の巨人は、坂本勇人以外、野手に若手のスター選手がおらず、清宮はなんとしても獲得したい素材。前出の黒江氏も、巨人軍OBという立場からも、「ぜひ巨人に入ってもらいたい」と熱いエールを送る。内川の後継者を育てたいソフトバンクも同様だろう。しかし、両球団はこれまで、そろってポスティング移籍を認めてこなかった。「ところが、巨人は清宮獲得のために、今回だけの特例として、ポスティングを認める方向に動いているんです」(前同)

■メジャー志向の強い菅野智之への影響も だが、この決断は、別の深刻な事態を引き起こしかねないというのだ。「同じくメジャー志向の強い菅野智之への影響です。清宮のポスティングを認め、菅野は認めないというのはありえない。もし菅野が、メジャー移籍を強く望めば、容認せざるをえなくなるでしょうね。同様のことはソフトバンクでも起こりうる。柳田悠岐千賀滉大はメジャー志向が強いですからね」(同)

■怪物スラッガーといえば、清原和博松井秀喜だが… そんなリスクがあるにもかかわらず、「清宮が欲しい」と各球団は言うのだ。なぜ、そこまでして清宮獲得にこだわるのか。まずは現時点の実力について、本誌連載でもおなじみの野球解説者・伊勢孝夫氏は、「素材としては良いものを持っている。遠くへ飛ばせる技術は持って生まれたもの」と高評価するが、ただ、やみくもにホームランを狙うというスタイルではプロでは通用しないと続ける。「プロでは、ヒットの延長がホームランという考えに立ってアベレージを残さなあかん。ホームランを30本打っても、2割そこそこじゃダメやね」

怪物スラッガーのプロ入りといえば、清原和博や松井秀喜が思い出されるが、伊勢氏は、「その2人と比べたらあかん。清宮よりも、当時の清原、松井のほうが断然上やったよ」と断言する。西武に入団した清原は、ルーキイヤーの1986年から一塁に定着。シーズンの最後には4番に座り、打率.304、打点78、本塁打31という結果を残した。「今の清宮がすぐに一軍のスタメンを張れるほど、プロは甘くはない。シーズン途中から出てきて、せいぜい、打率.250、本塁打10本いけばいいほうではないか」(デスク)

また、清宮にはポジションの問題も。彼が守る一塁は各球団、外国人をはじめ、強力な打者が並ぶのだ。黒江氏も、「清宮は一塁のポジションに同年代の強力なライバルのいない球団に進むのが望ましい」と言う。そういう意味でも阿部慎之助に衰えが見える巨人やベテラン内川が一塁を守るソフトバンクが最適と考えられる。

だが、一塁に強力なレギュラーがいるチームも、清宮に触手を伸ばしているのだ。なぜか?「はっきり言うと彼の人気が欲しいんですよ。清宮に払う契約金なんてキャンプ、オープン戦で十分もとが取れる。斎藤佑樹を取った日ハムなんて、ドラフト翌年のオープン戦で、回収してお釣りがきたと言いますからね」(デスク)

かつて斎藤の日ハム入団による経済効果は52億超と試算された。清宮の場合、投手の斎藤とは違い、毎試合出場することが可能で、斎藤の記録を塗り替えることは間違いなく、「100、200億円という驚異的な数字が出るかもしれない」(前同)と言うのだ。

いずれにせよ、清宮フィーバーはこれからが本番。まずは、10月26日のドラフトを見守りたい!


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス