最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「好きな人にはボディタッチできないかも…」広瀬すず、女子中高生の恋の悩みにはにかむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
累計発行部数570万部を突破する大ヒットコミックを実写映画化した『先生!、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)の「恋愛応援スペシャル試写会イベント」が10月9日、スペースFS汐留で開催。劇中で着用した制服で登壇した広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎の4人が登壇し、会場につめかけた150人の現役女子中高生の恋の悩みに答えた。

女子中高生にカリスマ的人気を誇る広瀬の登場に、場内からは大きな拍手と黄色い歓声が巻き起こり、挨拶中には一言一言に対して「かわいい!」と声が上がる。「高校卒業して初めて制服姿で人前に出てきたので、ドキドキしてます」と答えた広瀬は、客席をしげしげと眺めながら「こんなに元気だったかな」と、すっかり現役生たちのパワーに圧倒されている様子。

また、声を枯らした状態で登壇した竜星は、少しとぼけたキャラクターで会場中の笑いを誘う。「(劇中でいつも一緒にいる3人の中では)ちょっとだけお兄さんです」と語る竜星に、森川が横から「ちょっとだけ?」と茶々を入れたり、撮影時の楽しかったエピソードを語る竜星に「夢だったんだじゃない?」とドライなツッコミを入れる森川。劇中と同様に絶妙なコンビネーションを見せる二人に、会場はまたしても大きく沸いた。

作品の中で一番キュンとしたシーンを訊かれ、序盤で生田斗真演じる先生から辞書を返されるシーンでの“辞書ぽん”をあげた広瀬。その「ぽん」の言い方に会場から三たび黄色い歓声が上がると、照れ臭そうな表情を浮かべ「(作品を観ても)いいなと思いましたけど、演じているときにはもっとキュンとしました」と語った。

今回のメインイベントは来場者から寄せられた恋愛相談に4人が真剣にアドバイスをするというもの。「いつも一緒にいる人にアピールする方法」を聞かれ、熟考する広瀬に「男性にはボディタッチするのがいいってよく聞く!」と助け舟を出す森川。しかし広瀬は「好きな人だと逆にできないかも」とはにかんでみせた。

続けて仲の良い男子に、作品のタイトル同様「好きになってもいいですか?」と訊くのはありか、という問いには「ありだと思う!」と力強く答える広瀬。「近い関係だからこそ言えることだと思う」と広瀬に、森川も「言わないとその先に発展しない気がする」と、女性キャストふたりが相談者を後押し。それを見ていた竜星と健太郎の二人も男子目線でアドバイスを告げた。そして最後には広瀬が、笑顔で相談者を見つめ「がんばれ!」と、エールを送った。【取材・文/久保田和馬】

https://news.walkerplus.com/article/124013/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス