最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

カラーマツエクが30~40代にも人気!目尻カラーでパッと華やかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マツエク(まつ毛エクステンション)と聞くと「若者がするもの」「目元がケバくなる」といったイメージが先行し、興味はあってもなんとなく一歩踏み出せないという方も多いのでは?

でもマツエクサロンのスタッフさんいわく、今は若者だけでなく40代~60代のお客様もたくさんいるのだとか。

なかでも注目を集めているのがさりげなく目元が華やかになる“カラーエクステ”。確かに筆者の周りにも付けている人がチラホラ…というわけで、さっそく取材へ行ってきました。

◆目尻だけカラーを入れるのがおすすめ

目黒駅徒歩3分のマンション内に店を構えるビューティーサロン「Kain+」(カイン)。まるで自宅かのようなアットホームな雰囲気で落ち着く空間です。

オーナーの甲斐なつみさんによると、カラーエクステは目尻のみにポイントとして取り入れるとやりすぎ感がなくおすすめだそう。

「メイクに関しては年齢を重ねるごとに保守的になりがちですが、意外にも40代以降のお客様の中にはカラーエクステを選ばれる方が多いんです。ポイント使いで人気なのはブルーやパープル。また目元がきつく見られがちという方は、印象の強さを和らげて優しく見せてくれるブラウンを全体的に付けるのがおすすめです」。

◆筆者はレッドのポイント使いに挑戦

筆者が付けてもらったのはレッドのグラデーションタイプ。グラデーションタイプは中心~先端にかけてのみ色が付いていて根元は黒なのでまつ毛のぎっしり感は健在。目元の印象を弱めることなく、ナチュラルにカラーを楽しめるんです。

自ら選んだものの赤は派手すぎるかな…と心配でしたが、意外にもなじんでいて想像以上に自然。さりげなく華やかさを添えてくれます。

◆マツエクを長持ちさせるポイント3つ

きれいに付けてもらったマツエク、せっかくなら長持ちさせたいですよね。3つのポイントを守るだけで長いと1ヶ月以上持つ場合もあるそうです。

①まつ毛には必要以上に触れない

エクステを1本ずつ自まつ毛に専用の接着剤で付けているので、目元をこするのは厳禁。洗顔した後に拭く時はタオルで優しく押さえるようにすると◎。

②オイルクレンジングは使わない

マツエクは油分に弱いのでオイルタイプのクレンジングは避け、ジェルやミルクタイプ、または“マツエクOK”といった表記のあるクレンジングを使用しましょう。

③まつ毛もしっかり乾かそう

お風呂上がりに髪を乾かすついでにまつ毛もドライヤーの冷風で乾かすだけで持ちに違いが出るそう。さらにまつ毛専用美容液を塗って自まつ毛のケアをすると◎。日にちが経過して下がってきてしまったエクステを上げてコーティングしてくれるのでおすすめです。

筆者は約10年ぶりにマツエクを付けたのですが、マスカラ&アイライナー要らずなのでメイク時間が大幅に短縮されたのがまず何よりも嬉しいです。マスカラ滲みからも解放され、メイク直しも不要に!

しばらくは、このラクさから抜け出せそうにありません。

<TEXT/鈴木美奈子>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス