最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

STING=激痛――フミ斎藤のプロレス読本#107【特別編】STINGスティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1989年

約束の時間より10分も早く、スティングは待ち合わせ場所の喫茶店にやって来た。

襟とそでの部分を無造作にハサミで切りこんだグレーのスウェットシャツ――胸には“ゴールド・ジム”のロゴがプリントされている――の下にピンク色のタンクトップを着て、ホテルのなかだというのに真っ黒なサングラスをかけている。

これがLAスタイルというものなのだろうか。ボディービル雑誌の広告ページからそのまま飛び出してきたような格好だけれど、ロサンゼルスのなかのある一部エリアでは、ハサミで切り刻んだTシャツの切れめから鍛え上げた筋肉をちらつかせながら街を歩く若い男性の姿をそこらじゅうでみかける。

1970年代の終わりにちょっとだけヒットした映画『カリフォルニア・ドリーミング』のなかで、身体が貧弱で肌の白いシカゴ生まれの主人公がビーチで仲間はずれにされてしまうというシーンがあったが、フィットネス文化の発信地LAでは、こんがり日焼けした筋肉美でないと海岸を歩いてはいけないという暗黙のルールさえあるらしい――。

スティングの本名はスティーブ・ボーデン。つい4年まえまではLA郊外ノースリッジにあるゴールド・ジムでインストラクターとして働きながら、ほとんど1年じゅうベニス・ビーチで日光浴ばかりしていた。

「生まれも育ちもベニス・ビーチ。高校はベニス・ハイスクール。生まれてからいちどだって海のそばから離れようと思ったことはなかった。カリフォルニアほどいいところはないよ」

ベニス・ビーチはゴールド・ジム発祥の地。あのアーノルド・シュワルツェネッガーがボディービルダー時代にホームベースにしていたのもベニス・ビーチのゴールド・ジムで、ハルク・ホーガンも公式プロフィル上は“ベニス・ビーチ出身”。スティングは、正真正銘のビーチボーイということになる。

ホーガンがニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンでアイアン・シークを破りWWE世界ヘビー級王座を初めて手にした1984年1月、ゴールド・ジムのインストラクターだったスティングは、プロのボディービルダーとして“ミスター・アメリカ”のカリフォルニア選抜にエントリーしたが、わずか3ポイント差で全米選手権出場を逃した。

「あれから半年くらいたってからじゃなかったかな、ぼくのジムにスカウトが来たのは。スカウトといってもハリウッド映画じゃなくて、プロレスラーにならないかという誘いだよ」

スカウトに来たのはサンフランシスコでレスリング・スクールを開いていたレッド・バスチェンの友人で、すぐにでもリングに上がれる体を持った若者をふたり探していた。すでにパワー・チームUSAというチーム名も決まっていて、スカウトはその“中身”を発掘しようとしていた。

スティングは、同じゴールド・ジム系のボディービルダーのジム・ヘルウィグといっしょにバスチェンに会ってみることにした。ヘルウィグとはその後2年間、タッグ・パートナーとして行動をともにすることになる。

「トレーニング・キャンプは8週間のコースで、月曜から金曜までが1日3時間、土曜と日曜は6時間ずつというメニューだった。ボディースラムとかフライングメーヤーとか、マットに投げられる練習ばかりだった」

キャンプの同期生にはカナダのカルガリーから入門してきたデーブ・シェルダン(エンゼル・オブ・デス)とスティーブ・デサルボがいた。3人に囲まれてみると、スティングは自分の体がちいさくなったように感じた。

約2カ月間にわたる養成期間が終わると、シェルダンとデサルボはカルガリーに帰り、スティングとヘルウィグは予定どおりタッグチームを結成することになった。いつのまにか、チーム名はパワー・チームUSAからフリーダム・ファイターズに変わっていた。

「トレーニング・キャンプを卒業したのはいいけど、なかなか仕事がないんだ。プロレスラーという仕事は、働く場所を自分で見つけなければならないってことがそのときわかったんだ」

レスリング・ビジネスのスタート地点に立ったスティングとヘルウィグは、慣れない手つきでタイプライターをたたいてバイオ(プロフィル表)をつくり、自分たちの顔写真、全身写真つきのプローモーション・キットを印刷し、それをバスチェンから住所を教えてもらったアメリカ各地のローカル団体に郵送した。

プロレスラーになってこれほどマメな就職活動をすることになるとは夢にも思わなかった。

「ぼくたちを使ってくれるプロモーターがいなくて、やっぱりプロはたいへんだよななんて思いはじめていたところにテネシーのジェリー・ジャレットから電話がかかってきた。ぼくとヘルウィグをふたりいっしょに雇ってくれるというんだ。まあ、ギャランティーは決していいとはいえなかったけど、とにかくどこかからはじめるしかなかった」

フリーダム・ファイターズとしてのデビュー戦は、1985年11月のサンクスギビング・デーの夜だった。スティーブ・ボーデンはこの日からスティングに変身し、ヘルウィグはロックを名乗った。

アメリカじゅうが感謝祭のディナーを楽しんでいる夜、住み慣れたカリフォルニアから遠く離れた南部テネシーのちいさな体育館のドレッシングルームで顔にペインティングを塗りたくった自分の姿を鏡に写したスティングは「オレもついにプロレスラーか」とつぶやいた。

テネシーでの生活は肉体的にも精神的にも、そして経済的にも予想をはるかに超えたハードなものだった。フリーダム・ファイターズというチーム名はある日、ジェレットの鶴のひと声でブレードランナーズに変えられた。

ハリソン・フォード主演の近未来SF映画『ブレードランナー』が大ヒットしていたから、というそれだけの理由からだった。テネシーにいたのは3カ月間で、それからルイジナアに南下していった。

ルイジアナMSWA(ミッドサウス・レスリング・アソシエーション=ビル・ワット代表)からUWFに団体名を改称し、それまでのディープサウス・エリアから全米に興行テリトリーを拡大しようとしていたワットが、ブレードランナーズのキャラクターに目をつけ、即戦力としての売り出しを計画していた。

スティングとヘルウィグはこの団体にじっくり腰を落ちつける決心をした。

「ルイジアナには1987年3月までいた。でも、コンビを組んで1年くらいすると、プロレスに関する考え方のちがいからだんだんとヘルウィグと意見が衝突するようになった。彼はリングに上がって筋肉ポーズをとるだけでマネーが稼げると思っていた。ぼくは、それはちょっとちがうんじゃないかなと感じた。気がつくと、リングのなかでバンプ(受け身)をとっているのはぼくだけだった」

スティングとのタッグチームを解消したヘルウィグは、ルイジアナからダラスWCCW(ワールドクラス・チャンピオンシップ・レスリング=フリッフ・フォン・エリック)に転戦してディンゴ・ウォリアーに改名。その後、アルティメット・ウォリアーにモデルチェンジしてWWEと契約した。

ワット派UWFはその後、NWAクロケット・プロと吸収合併。そのNWAクロケット・プロも“テレビ王”テッド・ターナーに身売りし、1988年11月、新しいメジャー団体としてWCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)が発足。スティングはWCWと専属契約を交わした。

スティングStingとは“激痛”を意味する。ベニス・ビーチを離れ、いわば流れ者のレスラーになったスティングにはぴったりのリングネームかもしれない。

プロレスという劇薬の虜になってしまったスティーブ・ボーデンは、“毒を食らわば皿まで”のつもりでペインティングの下に素顔を隠した。

WCWを選んだスティングとWWEとの契約を望んだヘルウィグは、やはりいずれは袂を分かつ運命にあったのだろう。

「ぼくのペインティングにルールはないんだ。だから、まったく同じデザインは絶対に2度は描けない。レスリングだって同じ試合は2度はできないだろ」

アルティメット・ウォリアーに変身したヘルウィグが“レッスルマニア4”の大舞台でホンキートンク・マンを下してインターコンチネンタル王者となった日、スティングは“クラッシュ・オブ・チャンピオンズ”第1回大会でリック・フレアーが保持するNWA世界ヘビー級王座に初めて挑戦し、45分時間切れドローの“出世試合”を演じた。

スティングはあえて激痛を求めたのだった。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス