最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

彼氏の学歴は気にする? 気にしない? 学歴は年収に直結するかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは彼氏とお付き合いを始める前に学歴を気にしたことがありますか?

お付き合いをする人は人柄で選ぶから学歴なんて関係ないわ。そうは思っていても学歴が年収に直結するとしたらどうでしょうか?

男性よりも現実的な女性。いったいみんなは彼氏の学歴のこと、どう考えているの?


■彼氏の学歴を知らないという女性も多いバブル全盛期のころは高学歴、高身長、高収入、を「三高」などと言って男性の高スペックとして掲げていたようです。平野ノラさんのようなお姉さんたちが体にフィットしたボディコンと呼ばれるワンピースを着て、羽でできた大きなセンスを振りかざして踊っていた時代です。

すっかりバブルのことを知らない世代が中心となっている現代。今でも彼氏の学歴を気にしている人はいるのでしょうか。

どうやら現代の女性の中で彼氏の学歴が気になるという人は、自らが高学歴であることが多いようです。高学歴の女性は、恋人に気を遣わせないためにも自分と同じくらいの学歴かそれ以上の学歴を求めている人が多いようです。

男性は女性の方が高学歴だと委縮してしまう人もいるようなので、高学歴の女性はいらぬ気を遣わなければならないケースも多いように感じます。

反対に彼氏の学歴を全く気にしない、知らないといった女性もたくさんいます。どんな大学を出ているのか、どんな学生生活を送っていたのかということをあえて知りたくないという人もいるのでしょう。

どんなに素晴らしい大学を出ていても人柄がよくなければ恋人にはしたくないという意見もあります。もちろん学歴がすべてではありません。

全体的に見ると彼氏を選ぶときに高学歴かどうかということを気にする女性は減ってきているようです。


結婚相手なら学歴が気になる……その訳とはお付き合いしているときは彼氏の学歴などは気にならなかった女性でも、結婚相手となるとまた考え方は変わってくるようです。

その理由は学歴が収入と直結していることが多いからだと思います。大卒と高卒では初任給に差があるのが一般的です。出世も大学卒の方が早くできることも多く、生涯年収を見てもその差は大きく開いていると感じている人もいるようです。

仕事は高卒の男性の方ができることもあるので、もしかしたら学歴にコンプレックスを持っている人も多いと思います。もちろん自営業で成功している人ならこれは当てはまりません。

楽しくお付き合いをするのならいいけれど、結婚は別と考える現実的な女性もいるのです。まさしく恋愛と結婚は別という合理的な考え方ですね。

将来専業主婦になりたいという気持ちがある人は、相手に充分な収入を求めるために学歴も気になるのかもしれません。

■中卒でもビジネスで成功している人はいる収入が学歴で変わるといっても、中卒でもビジネスで成功している人はたくさんいます。学歴だけが人生ではないというものの代表ですね。

何の目的もなく周りが行くから大学まで進学して、特にやりたいことがないから適当な会社に就職をするという人よりは、中卒でも自分のやりたいことが明確で目標に向かって頑張っている人の方が人間的には魅力的なのではないでしょうか。


■親世代は学歴社会で生きてきた彼氏と付き合っている彼女本人は彼氏の学歴を全く気にしていなかったのに、結婚の話が出ると彼女の親が学歴の低い彼氏のことを否定し始めたという話は少なくありません。

娘には幸せな結婚をしてほしいと望む親の立場からしてみれば、良い相手の条件に高学歴を入れている人が多いのもわかります。娘が苦労するような相手よりは幸せに楽しく暮らせるほうを選ぶことでしょう。

これも高学歴イコール高収入という考え方によるものだと思われます。親世代はバブルの時代を生きてきた人も多く、昔の考えをそのまま娘に当てはめているのでしょう。時代が違うといくら説得してもなかなか耳を貸さない親もいるかもしれません。

結婚は当人同士だけがよければいいというわけではありません。どうしても学歴のことで反対されるようなら、感情的にならず冷静に彼のいいところをアピールできるよう尽くしてみてください。


■おわりにいかがでしたでしょうか?

時代は流れ高学歴が高スペックという考え方は薄れてきています。それでもまだ根強く高学歴の男性を追い求める女性も少なからずいるということは確かです。

彼氏を選ぶなら高学歴を鼻にかけるような男性ではなく、中身が高スペックな男性を見分ける目を持ちたいものですね。

Written by miichikin


外部リンク(恋学)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス