最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ボルグワーナー レンジローバー・ヴェラールにトラクションを強化した4WDシステムを供給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月6日、グローバル・サプライヤーのボルグワーナーは、ジャガーランドローバー社の最新モデル「レンジローバー ヴェラール」に、プレビュー(先読み)制御式のオンデマンド4WDトランスファーを供給すると発表した。

▼特集!レンジローバー・ヴェラール・ラグジュアリーはすべてにおいて当然の価値観【レンジローバーヴェラール vol.1】・デザイン・装備・エンジンなどを詳細に解説【レンジローバーヴェラール vol.2】・レンジローバー・ヴェラール試乗レポート レンジローバーらしく上品で高級なSUV・参考:RANGE ROVER VELAR 2017年7月11日より受注開始・参考:レンジローバー・ヴェラールがユーロNCAPの安全評価で最高の5つ星を獲得

ボルグワーナーはすでにジャガーXE、XF、F-PACEの各4WDモデルに、同様の最新4WD駆動システムを供給している。この4WDシステムは、車両の運動性能を高めることができるように設計され、拡張性のある高トルク容量と優れたトルク伝達精度を実現している。

トランスファーケースは軽量なアルミ合金製で、さまざなトルク容量に対応できるようにモジュール設計されていることも特長で、スペースが限られているクルマにも最適な搭載が可能だ。

このプレビュー制御式のオンデマンド4WDトランスファーは、車両制御システムと接続されており、ステアリングホイールの舵角、アクセルペダルの位置、車輪速度などをモニターすることで、高次元の4WDシステムとしている。

各センサーからのデータを活用し、ボルグワーナーが特許を持つ軽量な遠心電動油圧(CEH)アクチュエーターにより、クラッチを自在に断続して必要なトルクを前後のアクスルに配分することで、正確でリニアなクラッチ作動が実現。迅速なトルク伝達、トラクション性能の向上を達成している。

耐久性のある高効率のHY-VOトランスファーチェーン、革新的なポンプレス設計と優れた潤滑管理など先進技術を取り入れたプレビュー制御式トランスファーは、従来の4WDトランスファーと比べて燃費も向上している。

ボルグワーナー アーカイブボルグワーナー公式サイト

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス