最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

絶好調の「メルカリ」&新戦略で挑む「ブックオフ」…中古品業界に何が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月10日放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京系列、毎週火曜22:00~)では、フリマアプリで大躍進の「メルカリ」や、800店舗を展開する「ブックオフ」など、今異変が起こっている「中古品」業界を取材する。

スマホを通して簡単に中古品などを出品、売買ができるフリマアプリ「メルカリ」。現在、登録数は国内だけで5000万を超え、脅威の躍進を遂げている。そのメルカリが7月、サービス開始以来最大となるアップデートを行った。今までは、出品する商品の紹介は写真と文章だけ。それを、出品者がライブで動画を配信しながら、商品を紹介できるようにするというものだ。まさに、誰もが手軽に自分の“通販チャンネル”を持てるようになるシステム。そこで、“意外なもの”を売り込む人々が現れ……。

その1か月後、今度は新たなアプリをリリース。ブランド品の売買に特化した「メルカリ メゾンズ」だ。そこには、ブランド品の買取業者にとって脅威となる、ある機能が付いていた。「メルカリチャンネル」、そして「メルカリ メゾンズ」の登場で、リユース市場はどう変わって行くのか。メルカリが目指す、新たなリユースの形に迫る。

そんな中、今苦境に立たされている店舗型リユース店は、各店とも商品価値の高い中古品をいかに確保するかに頭を悩ませている。それを打破するため、業界大手「ブックオフコーポレーション」は、売り場面積約900坪、商品約48万点という巨大店舗を展開するなど、新たな戦略に打って出た。

また、中古品の買い取りにも積極的に動いている。昨年11月には、東京・目黒区の自由が丘駅前店に“総合買取窓口”を設置。今までは本やDVDが中心だった「ブックオフ」だが、この“総合買取窓口”では、洋服・家電・ブランド品・ジュエリーなど、幅広く買い取り。今やリピート客が後を絶たず、買取額が100万円に達する日もあるという。その人気の秘密は、店長を務める佐々木雄大さんの接客にある。一人一人と向き合い丁寧に質問に応じるため、商談は1時間に及ぶことも。これが客との信頼関係を生み、リピーター獲得につながっているのだという。

今後、この“総合買取窓口”をさらに展開していきたいと考えている「ブックオフ」。しかし、最大の課題は、窓口を任せられる人材の育成だ。東京・新宿区の早稲田駅前店に設置する新たな窓口の責任者に抜擢された森田正則さんは、さっそく佐々木さんの元で研修の日々が始まった。果たして、客に信頼される接客、ブランド品の真贋の見極め、的確な値付け……様々なスキルを身につけることはできるのか?

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス