最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

阿部サダヲがワケありカリスマロッカーに!? 吉岡里帆は劇中で歌声初披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阿部サダヲが驚異の歌声を持つロックスターを演じ、主演を務めるオリジナル映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が、2018年に公開予定であることが分かった。ドラマを中心に引っ張りだこの女優・吉岡里帆がヒロインを務める。

阿部が演じるロックスター・シンは、その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているのだが、重大な秘密があった。それは、「声帯ドーピング」というタブーな方法によって歌声が“作られて”いる。

限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのが、吉岡演じる異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか。2つの歌声が出会い、奇跡は起きるのか、という物語だ。

ロックスター・シンのキャラクターをつくり上げるに当たって、製作サイドが参考にしたのは、その独特なパフォーマンスで世界中を驚かせてきたマリリン・マンソンなんだそう。阿部が奇抜で衝撃的な、今までに見たことのないメーク姿を見せる。

一方、吉岡も声が異様に小さく歌声が聞こえないという弱点がある個性的な役を、今までにない振り切った演技で体現する。

さらに、映画・ドラマでは一度も披露した事のない歌声を、このたび劇中で初お披露目。現在、絶賛特訓中だというギター演奏とともに奏でられる彼女の歌声と、豪華アーティストらの提供による映画オリジナル曲にも期待は高まるばかりだ。

原案・脚本・監督を手掛けるのは、オリジナリティーあふれる作風で異彩を放つ三木聡。誰にもまねできない独自のコメディセンスで、何かと息がつまる現代社会に“歌”と“笑い”の力で風穴を開ける。

本作は、ことしの11月から本編撮影を開始し、2018年に公開予定。“声帯ドーピング”のロックスターと声の小さ過ぎるストリートミュージシャンの2人の行きつく先は、果たして笑いなのか、それとも愛なのか。

主演の阿部は「いつかは御一緒してみたいとずっと思っていた三木監督とお仕事できるとは…うれしいです。しかもロックコメディ!!ワクワクします!! 台本を読んで、これはどうやって撮るんだろうっていうところばっかり…ワクワクします!!

吉岡里帆さんはお会いしたことないですけど、どんなふうかを見せてくれるのか、とても楽しみです。よろしくお願いします」と期待を込めた。

一方、吉岡は「『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』頂いた企画書の頭に書かれていたタイトル。

これが私には映画の題でありながら、突然贈られてきた激励のメッセージのように見えました。台本を読み進めていくと、絶妙な掛け合いに笑いが込み上げ、予測できない展開にワクワクし、ラストシーンではじんわりと胸が熱くなりました!」と、本作に出演が決まった感想を明かす。

さらに「私の演じる明日葉ふうかという役は声があまりに小さなストリートミュージシャンです。でも私は歌もギターにも触れたことがない人間です。ふうかになるべく0から作っていってます。殻を破るための殻作りを今しています。生の成長記録として、皆さまの胸が熱くなれるように全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いします」とアピールした。

https://news.walkerplus.com/article/123947/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス