最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

スマホが原因か? 私的な約束をすっぽかす人に若者が多い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

友達と遊ぶ約束をして待ち合わせ場所に行ったのに、いくら待っても来ない。時間にルーズな相手なら、よくある話だ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名に「約束について」の調査を実施。

「友達と遊ぶ約束をわざとすっぽかしたことがある」と答えた人は、全体で17.7%と少数であった。

■携帯の普及ですっぽかしも増加か


年代が低くなるほど、割合が増えている。

©sirabee.com

携帯電話の普及が、約束のすっぽかしへのハードルを下げているようだ。

「当日の直前にあまり乗り気でなくなったので、LINEで連絡することはよくある」(20代・女性)

「友達の間では、『あいつは誘っても、ちゃんと来ない』と言われている。それでも一応誘ってくれるから、嫌がられてはないと思う」(20代・男性)

若い世代では、ドタキャンへの罪悪感が薄れているのかも。

■すっぽかしを許せない人から寛容な人も


すっぽかされた人の反応も、人それぞれだ。

「人の時間を奪って振り回すのは、許されない行為だと思う」(40代・男性)

怒りを感じる人もいれば、かなり寛容な人も。

「複数で約束しているときなら、あまり気にならない。2人で会う約束のときには、できれば家を出る前に連絡が欲しい」(30代・男性)

■高収入ほどすっぽかす


年収300万円未満よりも年収1,000万円以上のほうが、約束をすっぽかした経験のある人が多い。

©sirabee.com

時間を大切にしない人は仕事ができない印象だが、高収入な人ほどプライベートの時間はいい加減なのは意外である。

「遊ぶ約束では時間通りに来たことがない同僚だけど、仕事では遅刻をしたことがないのが不思議」(30代・女性)

高収入の人たちも仕事ではちゃんとしている分、遊びでは適当なのかもしれない。

すっぽかされても、スマホがあれば時間を潰せる。しかし、いつも許していると遅刻癖がエスカレートして、本人のためにもならないのが悩ましいところだ。

・合わせて読みたい→またあいつ遅刻…? 調査で判明「いつも遅刻する人」の特徴3つ

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス