最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

医者が、タトゥーを入れる前にキッズ(と親)に知らせておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国小児科学会が初めて、若者がタトゥー、ピアス、スカリフィケーションする際のガイダンスを発表しました。このガイダンスでは「タトゥーはしてはいけない」とは言っていません。とはいえ、アメリカのほとんどの州で成人していない子どもは、タトゥーを入れる前に親の許可を取らなければなりませんが…。

このガイダンスでは、タトゥーを入れる前に考えておいたほうが良いことについて、いくつかアドバイスしています。

本当に入れたいのかどうかよく考えてから、入れる


タトゥーを入れた人のうち、大部分の人がタトゥーを後悔していません。2016年のThe Harris Pollの結果によると、タトゥーを入れた人のうち86%が自分の決断に満足しています。でも、入れる前にしっかり考えておけば、数年後にタトゥーを消すサービスを探さないで済むかもしれません。今、タトゥー人気が高まっていますが、まだ多くの職場では目に見える場所にタトゥーがある人を雇用しない傾向があります。

タトゥーを消すサービスはありますが、お金も時間もかかりますし、期待していたほどきれいに消せないこともあります。レーザーでタトゥーを消す場合、1平方インチ(約6.45平方センチメートル)につき49~300ドルかかります。よって、米国小児科学会によると15平方インチのタトゥーを消すには8回の施術が必要となり、最低でも5880ドルはかかるそうです。

こんなに高くつくのなら、タトゥーを隠すためにもっと大きなタトゥーを入れるか、もしくはそもそも、人の名前など、近い将来に後悔しそうなタトゥーは入れないほうが良いですよね。また、刺青師は安さで選ぶのではなく、安全に施術してくれて長く付き合える刺青師を選びましょう。

親の心配を取り除く


小児科医は「タトゥーは子どもの人生を台無しにする」と思っている親を安心させるための統計をいくつか持っています。

・みんなやっている

2010年の統計によると、18歳~29歳のアメリカ人のうち38%が1つ以上のタトゥーを入れており、23%が耳以外にピアスの穴をあけています。だから、タトゥーを入れようとしているお子さんが変わった子、というわけではないのです。なお、タトゥーを入れている若者の72%が洋服で隠すことができる場所にタトゥーを入れています。

・タトゥーを入れたいと子どもが言い出しても、子どもが非行に走っているわけではない

過去の研究では、タトゥーはアルコールと薬物を使用する子どもの間でより一般的であることが判明しましたが、タトゥーが普及するにつれてその関連性は弱くなりました。精神保健の観点からは、身体のある部分を変えることは、自己傷害としてカウントされません。なぜなら、子どもは自分を傷つける意図でタトゥーを入れるわけではまったくないからです。 それでも、もしお子さんの精神面の健康に懸念がある場合、小児科医にご相談ください。

・最も大きなリスクは、感染症

タトゥーは、巨大な傷です。より正確に言うなら、小さな傷がたくさん集まってひとまとまりになったものです。 刺青師が安全な方法で施術しない、または、タトゥーが馴染むまでの間に何かおかしなことをしてしまった場合、きれいなタトゥーにならないばかりか血液媒介性の命の危険につながる病気に感染する可能性があります。だから、必ず免許を持ったタトゥーショップを選び、アフターケアの指示に従ってください。その理由は以下の通り。

かかる可能性があるのは、化膿性の感染症、深刻なまたは重度の発熱性感染症、非定型抗酸菌感染症、全身または皮膚ウイルス感染症や(ごくまれに)皮膚真菌感染症などです 。

血液媒介性病原体から全身にウイルス感染し、C型肝炎、B型肝炎、HIVなどにかかる可能性もあります。化膿性感染症は、黄色ブドウ球菌または化膿連鎖球菌と反応し、タトゥーを入れた場所に沿って膿疱または膿疱性膿疱が現れます。こうした症状はタトゥーを入れた4~22日後に出てきます。

感染症の症状は、蜂窩織炎(蜂巣炎)や吹き出物が出るケースから、外科的な切開や排液が必要な膿傷までさまざまです。その際の治療は、皮膚科の化膿性感染の治療方法と似ています。より深刻な発熱性感染症はまれですが、心内膜炎、脊髄膿瘍、丹毒、壊疽および切断の症例報告があります。

まだまだ文章は続きますが、ここまで読んだだけでもアフターケアの大切さが伝わります。タトゥーを入れる前に、特に破傷風や肝炎などのワクチン接種済みかどうか確認してください。また、刺青師が安全な方法でタトゥーを入れるために万全を期していることを確認してください。

Alliance of Professional Tattooists (刺青師協会)によると、刺青師が無菌装置を使用しているか、手を洗っているか、手袋を着用しているか、すべて消毒しているか、施術の後に、あなたを触れたものすべてを捨てるかどうか、どこにもインクの汚れがついていないかどうかなどを注意深く見る必要があるとのことです。タトゥーを入れてもらう前に衛生状態を確認するのは、まったく問題ありませんよ。

Image: Annie Spratt/Unsplash

Source: The American Academy of Pediatrics, The Harris Poll, Alliance of Professional Tattooists

Reference: Wikipedia

Beth Skwarecki - Lifehacker VITALS [原文

外部リンク(ライフハッカー[日本版])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス