最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アーミー・ハマー、少年性愛者役にファンから不満噴出 「黙っててくれ」怒りの反論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ローン・レンジャー』や実写版『白雪姫と鏡の女王』といったヒット作品を持つ俳優のアーミー・ハマー。曽祖父が石油王というアーミーは端正な甘いマスクで正統派イケメンと呼ばれる一方、身長196センチの頼もしそうなボディも魅力だ。そんなハマーが今、女性ファンをおおいに嘆かせている。新作映画で少年性愛に目覚めるバイセクシュアルの若者を演じてしまったのだ。

2010年5月に4歳年上のTVレポーター、エリザベス・チャンバースさんと結婚、可愛い2人の子にも恵まれ、毎日がとても充実しているという俳優のアーミー・ハマー(31)。最近では『カーズ/クロスロード(原題:Cars 3)』に声で出演していたが、実は今年、少年性愛に目覚めた男性を扱った『コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題:Call Me by Your Name)』が世界各地で順に公開(日本公開の予定はなし)され、その熱演ぶりが波紋を広げていた。

同作品は2007年の同タイトルの小説を映画化したもので、主人公は24歳のアメリカの大学院生オリヴァー(ハマー)と17歳の少年エリオ(ティモシー・シャラメ)。1983年のイタリアを舞台に、大学教授の父のもとにやってきたオリヴァーとエリオのひと夏の経験を追ったものである。バイセクシュアルであっという間にエリオに惹かれてしまったオリヴァー。しかしガールフレンドを作って彼をじらせてしまうエリオ。オリヴァーはエリオを忘れられないまま帰国し、結婚して子供もできたがエリオに15年後に会い…。

マッチョながら美しすぎるハマーと翳りのある繊細さが魅力のシャラメ。まさにはまり役の2人による体当たりの演技が世界のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)を魅了しているこの作品。しかしハマーの熱狂的なファンの間では「なぜストレートな彼がゲイ役を演じなければならないの?」と強い疑問や不満を抱いているもよう。ハマーのTwitterには「小児性愛の役だなんて、超ガッカリよ」「もうファンは辞めるわ」といった失望の声が寄せられ、たまりかねた本人が7日に「16歳以上の当人同士が同意すればこの国ではそういうことが許されるんだ。知ってるだろう。黙っててくれ」と厳しい語調で反論してフォロワーたちを驚かせた。

ブレーク間違いなしといわれてきたハマーだが、結婚もパパになるのも若かった彼はもう30代である。いろいろな役に挑戦して俳優としての方向性やファン層に幅を持たせたいのであろう。女性ファンにとってこのたびのバイセクシュアル役は刺激が強すぎたようだが、正統派イケメン俳優の殻を破りたいとおそらくは必死な彼に「気持ちはよくわかる」といった声も多いようだ。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス