最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【え、付き合う直前で…】「男を奪われた」悲しい体験談2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


男の人と一緒にいて、「この人と付き合うんだろうな~」って感じるときありますよね? 話をしてても楽しいし、よく連絡も取り合う。そんな状態が続けば、そりゃ思う。でも、思わぬ横やりが入ることも……。安心し切っていたせいで、対応が遅れてしまったという話も耳にします。今回は、そんな経験のある女子に聞いた、男をタッチの差で奪われたエピソードをご紹介!

文・塚田牧夫

■ “店のお客”に奪われた

「以前、カフェでバイトしていたときのことです。そこはスタッフがほとんど女性。私は、少ない男子の中のひとりと仲良くなりました。

スタッフ同士の仲も良くて、ライバルとかもなく、みんなが私を応援してくれる雰囲気でした。

そして、私の誕生日が迫って来たんです。きっとこの日に、彼が何か行動を起こすんだろうなと思ってました。それは私だけではなく、スタッフのみんなも。

ところがです。そのカフェが雑誌に取り上げられたことで、急にお客さんが増え始めました。今まで来なかったような、若い女性がたくさん来るようになりました。

そのなかのひとりに、すごくキレイな女性が……。嫌な予感はしましたよね。

そして、私の誕生日当日。まさかのスルー!

思った通りでした。後日、キレイな女性と付き合い始めたと。彼はバイトにいずらくなり、辞めていきました。もっと早く私のほうから行動に移すべきだったのかなと、そのときは思いましたね」アン(仮名)/26歳

■ “幼なじみ”に奪われた

「職場に、あまりほかの人と話をしない、おとなしい感じの男性がいました。ほとんど接点もなかったんですが、会社の忘年会で隣の席になり、少しだけ会話したんです。

そうしたら共通の趣味がありました。その人、すごくアニメ好きで、話も合ったんです。それから、オススメのアニメを教え合ったり、一緒にコミケにも行くようになりました。

二人でいて楽しいし、きっともうすぐ告白されるんだろうな~って思ってました。ただ、恋愛が苦手そうな人だったから、時間はかかるかもしれないとも思っていました。

そしてある日、二人で有名なアニメの舞台になった場所を訪れたんです。いま流行りの聖地巡礼ってやつですね。これはもしかして……という雰囲気になりました。

でも、彼の口から出たのは、まったく別の言葉。“一緒に出掛けるのはこれで最後だ”って言うんです。なんと、彼女ができたと!

誰? って聞きましたよね。そうしたら、“幼なじみ”だって……。アニメっぽいけど!

もっと早く私から告白してればうまくいったと思うんですけどね。絶対モテない人だって思ってたから、余裕を持ちすぎました」サオリ(仮名)/28歳

男をタッチの差で奪われたエピソードをご紹介しました。

ゴールの直前に落とし穴があるもの。せっかく手に入れかけていたのに、もったいない。あとで後悔しないためにも、最後まで気を抜かないことですね。

(C) Dean Drobot / Shutterstock(C) Rawpixel.com / Shutterstock

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス