最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

タイリース・ギブソン、『ワイルド・スピード9』の公開延期でドウェイン・ジョンソンを非難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ワイルド・スピード9』出演者のタイリース・ギブソンは、"ザ・ロック"ことドウェイン・ジョンソンが同映画の公開日を遅らせているとしてインスタグラムで不満を露わにした。


タイリースは、『ワイルド・スピード9』の新しい公開日のスクリーンショットと共にドウェインに対して厳しいメッセージを投稿した。

「"ザ・ロック"、そして義理兄弟で製作会社セブン・バックス・プロダクションのハイラム・ガルシア、おめでとう。『ワイルド・スピード』のお前の役のスピンオフを製作中なんだってな。それから、ドウェイン、俺もこの投稿を決して削除しない。では、『ワイルド・スピード・ファミリー』の皆さん、2020年4月に会いましょう。いや、これはもう『チーム・ドウェイン』だし、3年も待つ甲斐はあるのか? (ドウェイン演じる)ルーク・ホブスだけなんて、もはやショーではないな。また『ベイウォッチ』を製作するつもりか? はい、皆さん、落ち着いて。俺はただの情熱的な映画評論家ってだけだよ」

果たして、『ワイルド・スピード9』の公開が2019年4月から2020年4月に先延ばしにされたのは、タイリースの言うようにスピンオフと合わせた事が原因なのだろうか?(ちなみにこのスピンオフ作品については、公式には発表されていない)

ドウェインからの返事はまだないが、このワイルド・スピード・ファミリーのドラマはまだまだ続きそうだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

外部リンク(AOLニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス