最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小籔千豊、竹内涼真を"無視"宣言も「インスタ一緒に撮れたら…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑い芸人の小籔千豊が8日、都内で行われたTBS系日曜劇場『陸王』(10月15日スタート、毎週日曜21:00~)の特別試写会&舞台挨拶に出席。俳優・竹内涼真との現場でのエピソードを話した。

池井戸潤の同名小説を原作とする同ドラマは、倒産寸前の老舗足袋業者「こはぜ屋」が、仲間たちと共に復活を目指し、ランニングシューズの開発に挑んでいく物語。主人公の「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・大地を山崎賢人、物語のキーマンとなる実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人を竹内涼真が演じる。

小籔が演じるのは、「こはぜ屋」の敵対会社である大手シューズメーカー「アトランティス」の営業担当・佐山淳司で、悪役のポジション。「第1話を観たら、とんでもないもんに参加させてもらってるなと。最近『陸王』の撮影に慣れてきて緊張もとれかけてきたんですが、これ観たらみたら8倍緊張してきて、次の撮影が怖い」と笑いを誘った。

そして、共演シーンが多い竹内について、「僕は役作りに入りたい方なので、茂木(竹内)さんと話したくないんですけど、竹内さんすごく気さくでいっぱい話しかけてきてくれる。優しい人やなと思いながら、役作り入ってるし、しゃべりかけんといてと思ってる。何回か無視したりしてるんですけど…」とさらにおふざけトーク。会場から笑いが起こり、竹内もやられたという感じでニヤリとした。

小籔は続けて、「これから役に没頭したいので、竹内さんを無視しながら撮影頑張っていきたい」と宣言。「終わるまでにどこかで1枚インスタグラム一緒に撮れたらなと思っています」と2ショットを狙っていることも明かし、竹内から「よろしくお願いします」と言われると、「お願いします」と返していた。

舞台挨拶にはそのほか、主演の役所広司をはじめ、山崎賢人、上白石萌音、風間俊介、ピエール瀧が出席した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス