最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

千里の道も一歩から。伝説的な創業者の信念とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フェラーリ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今も昔もスーパーカーのブランドとして有名な「フェラーリ」。

甲高い排気音を轟かせつつ、地を這うように駆け抜けていく真っ赤な車体の存在感は、周囲の視線を集め、その場の雰囲気を塗り替えてしまうほど圧倒的です。そんなフェラーリも生まれた瞬間からカリスマだったわけではなく、長い時間を掛けて現在の地位を確立しました。

創設者はエンツォ・フェラーリ。モデナの板金工の次男として1898年に生まれた彼は、幼少の頃にモータースポーツ観戦をきっかけに車に魅了されたという、どこにでもいるクルマ好きの少年の一人でした。しかし、1916年には父を亡くし、第一次世界大戦での徴兵や胸膜炎を患って生死をさまようなど、その人生は波乱に満ちていました。

数々の逆境を超えたからこそ、「一度きりの人生」に対する想いが強かったのかもしれません。除隊後には、かねてから憧れていたレーシングドライバーを志しました。しかし、いきなりレーシングドライバーにはなれず、1920年にまずはアルファロメオのテストドライバーとしてキャリアの第一歩を踏み出すことに。その後、レーシングドライバーへの昇格を果たして実績を残しました。

そして、1929年にレース仲間と共同出資でフェラーリの前身となった「スクーデリア・フェラーリ」を創設。アルファロメオのセミワークスレーシングチームとして活動し、メルセデス・ベンツなどの強豪を相手に好成績を収めました。一見、順風満帆にキャリアを築いていましたが、1939年に経営陣との衝突をきっかけにアルファロメオを去り、第二次世界大戦中にはモデナで工作機械の製造し、レースの世界からは一時離れることに。

戦争が終結した1945年。エンツォ・フェラーリは、この時すでに47歳。レース活動はもちろん、新しいことにチャレンジする活力に陰りが見えても不思議ではないのですが、マラネロに自動車工場を設立し、レーシングカーのエンジン設計者であるジョアッキーノ・コロンボのほか、ジュセッペ・ブッソとルイジ・バッツィとともにレーシングカーの開発をスタート。1947年には最高出力100psを誇るV12エンジンを搭載した「125」を完成させ、年内に参加した12の市街地レースのうち6回の優勝に輝きました。

翌年には「166S」を発表。1995ccのV12を搭載し、最高速度は185km/hを誇り、イタリア全土を1000マイル走る公道レースの最高峰「ミッレミリア」のほか、1949年には「ル・マン24時間レース」で優勝を飾り、フェラーリの名を知らしめました。また、同車は販売も行なわれ、フェラーリの市販化のきっかけにもなりました。

その後、友人であるルイジ・キネッティの勧めによって1951年に「340アメリカ」を販売し、市販化を促進。1953年にはレーシングカーをベースとしない「250」を販売。当初は騒音や乗り心地の悪さが指摘されたそうですが、改良を経るごとに公道での扱いやすさとの両立が計られていきました。こうして生産台数を増やしていった一方で、エンツォの胸の中にはV12気筒エンジンへのこだわりや扱いやすさへの配慮に対する葛藤があったようです。

しかし、エンツォの過剰なまでのモータースポーツへの投資や労使紛争によるストライキを受けて、フェラーリは経営難に陥ります。1969年にはフィアットの傘下で経営の安定化が図られる中、エンツォは市販車部門からは一切手を引き、レース部門での指揮に専念。1972年にマラネロの本社工場の西側にあった果樹園を買収し、テストコース「フィオラノサーキット」を建設。ちなみに、サーキット内にはエンツォの別宅も建てられました。

そんな彼が最期に手掛けたのが「F40」でした。

89歳となったエンツォ自身が発表を行なった「F40」は、そのままレースに出られる市販車という理念を徹底したモデルであり、当時の最先端の素材で仕立てられたボディは極限の軽量化が行なわれており、エアコンこそ備わるものの、ドアノブやカーペットの類は省かれていました。

エンジンは2.9L V8ツインターボ(478ps/58.5kgm)を搭載し、320km/hを超える最高速度を市販車で初めて突破することに成功。当初は350~400台の限定でしたが、殺到するオーダーを受けて最終的には1311台が生産されたと言います。

1988年、腎不全によってこの世を去ったエンツォ・フェラーリ。カリスマを失ったフェラーリの行く末を心配する声もありましたが、人生の全てをレーシングカーのために費やした彼の生き様は、いまでも健在のV12気筒エンジンや、それを搭載し800psを越す「812スーパーファスト」として脈々と受け継がれています。

(今 総一郎)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス