最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

肉と野菜が同時に摂れる! 食べごたえ抜群の肉だんごスープ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひき肉を丸めて作る肉だんごは、ふんわりとやわらかくて子どもでも食べやすいメニュー。スープにすれば汁に肉汁がしみ出し、肉のうまみを余すところなく味わうことができます。今回は食べごたえ抜群の肉だんごスープ5選をご紹介。野菜がたくさん入っているので、栄養バランスもばっちりですよ。

■ 【チンゲンサイとだんごのスープ煮】(276Kcal、塩分2.1g、調理時間15分)

<材料・2人分>

チンゲンサイ 2株、肉だね(豚ひき肉 200g、長ねぎのみじん切り 5cm分、しょうがのみじん切り 1/2かけ分、酒 大さじ1と1/2、小麦粉 小さじ1、塩 小さじ1/4、こしょう 少々)、はるさめ 20g、酒、塩、こしょう、しょうゆ

<作り方>

1. チンゲンサイは軸に包丁で切り目を入れて手で裂き、四~六つ割りにして葉と軸に分け、それぞれ長さを半分に切る。はるさめは食べやすく切り、水でもどして水けをきる。肉だねの材料は粘りが出るまで混ぜ合わせる。

2. 鍋に湯1と1/2カップを沸かして酒大さじ1を入れ、スプーンなどで肉だねを一口大のだんご状にまとめて入れる。浮かび上がってきたらふたをし、約1分煮てアクを除き、チンゲンサイの軸を加える。煮立ったら弱めの中火にし、2~3分煮る。

3. はるさめ、チンゲンサイの葉を加えてひと煮立ちさせる。塩小さじ1/4、こしょう少々、しょうゆ小さじ1で調味する。

肉だねには長ねぎやしょうがといった香味野菜が入っているので、豚肉のくさみゼロ。塩、こしょう、しょうゆのみで味つけしたシンプルなスープだからこそ、肉だんごから出ただしの味を存分に楽しめます。

■ 【にらと豚肉だんごのスープ】

にらの根元はかたく、厚みがあって火が通りにくいので先に入れて煮ます。ほっこり煮えた大根も美味。

■ 【具だくさん豚だんご汁】

まろやかな豆乳ベースのスープがやさしい味。肉だんごは煮くずれしやすいので、弱火で煮てくださいね。

■ 【肉だんごのスープ煮】

わかめは煮すぎると色が悪くなるので、仕上げに加えるようにしましょう。大きめの肉だんごでボリュームたっぷり。

■ 【つくねだんごのスープ煮】

たねにもスープにもしょうがが入っているので、体が芯から温まります。少しずつ気温が下がるこれからの時期に大活躍しそうな1品。

スープは加熱しすぎると水分が飛び、塩けが強い味になってしまいます。また、煮えすぎた野菜はせっかくの食感を失ってしまうことも。ついコトコト煮込みたくなりますが、加熱時間には注意してくださいね。

https://www.lettuceclub.net/news/article/123522/

外部リンク(レタスクラブ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス