最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

金髪に派手な化粧の田舎っぽい女の子から銀座最年少ママに――桐島とうかが綴るエピソード「漆黒革の手帖」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お初にお目にかかります。桐島とうかと申します。

学習院大学経済学部を卒業後、アルバイトとして働いていた銀座のクラブでの仕事を本業にし、現在は最年少ママとして働いております。

「どうしてそんなに若くしてママになれたの?」

とよく質問して頂きますが、ただの生意気な小娘の私に、お客様が多い理由はなんだと思いますか?その答えとして、1人のお客様のエピソードを交えてお話させてください。

4年程前でしょうか、有名企業の子会社で働くA様に出会いました。当時の私は銀座で働き始めたばかりで、A様はママのお客様のご紹介でご来店された方でした。

当時の私の見た目は銀座のクラブにはふさわしくない、金髪に派手な化粧、そして垢抜けないドレス。街でよく見かける田舎っぽい女の子でした。ただ、仕事に関して言えば自分でもかなり生真面目なほうだったと思います。毎日三社の新聞を隅々まで読み、週刊誌にも目を通し、毎日の株価に加え、ドル円相場まで把握しておりました。

そんな見た目と中身が全く違う私が可笑しかったのか、A様は私を気に入ってくださり、毎週のようにお店に沢山のお客様を連れて来店してくださるようになりました。

生意気だった私の失敗をお客様であるはずのA様が私の代わりにママに謝ってくださった事もありました。

しかし、1年半ほど経った頃、A様をお店で見かけなくなってしまいました。連絡すら取れない状態が続き、初めての事態に心配していたとき、1通のメールが届きました。

「お店には中々伺えなくなります。貴方のおかげです。本当にありがとう。」

私は後に新聞の人事異動の面で、A様が本社の社長になられた事を知りました。

その後、A様は一度もお店にいらしてくれなくなってしまいました。私はお忙しいA様の状況を何も把握せず、彼にプレッシャーをかけてしまうメールを散々送っていました。しかしまた半年ほど過ぎた頃、私が全く面識のないA様の会社の方々が次々に来店してくださったのです。

「Aさんが貴方のところに行けと言うからお店使わせて貰うよ~」

「Aさんが貴方と飲むと出世すると言っていたよ~」

A様は自分の部下はもちろん、取引先の幾多の会社の方々にも私の事を話してくださったらしく、冗談まじりに私の事を百福の女神として紹介してくださったそうです。その時はA様に対する申し訳なさと感謝の気持ちで胸が溢れそうでした。

A様が出世されたのは自らのお力によるものですが、幸運な事に私はそういった素晴らしいお客様のいい時に出会えたお蔭で、より多くのお客様に贔屓にしていただけるようになりました。それから私は、

「とにかく明るく振る舞い、少しでもお客様の気持ちを明るくしよう。真摯に話を聞き、時には助言をし、お客様の向上心を支えよう」

これを意識して毎日出勤するようになりました。そのおかげで、ただの生意気な小娘が銀座の街で働き続けられているのだと思います。

普段はこんな堅苦しい話は致しません。

「私は福の神ですから明日はきっと良いことありますよ♡」

これが、最近私がよくお客様にお伝えしている言葉です。

少し長くなってしまいましたね。ここからは私の話ではなく、私が黒よりもっと黒い、漆黒の革の手帖に綴ったお客様のお話をさせて頂こうと思います。

【50歳お独り様のB様のお話】

初めてお会いしたのは3年前でした。B様は私のお客様の中では数少ない独身のお客様で、某大手企業に勤めていらっしゃる方でした。出会った日からずっと必ず1人で週に3回ほどお店に来て、毎回10万円以上の会計をさらっと支払い、時には一晩で50万円以上も使うこともある方でした。お店の女の子たちが誕生日の際にはプレゼントにバックやアクセサリー、更に高級シャンパンまでいれてくださいます。最近の銀座ではここまで羽振りの良い方は中々見かけませんので、女の子たちにはモテモテでした。

有名企業とはいえ、とても雇われの方とは思えない豪奢な方だというのが、私の印象でした。当時の私はまだまだ未熟で、お若いB様がなぜそんなに沢山のお金を使えるのかという疑問さえ抱いていませんでした。

あるとき、B様は自身がお持ちの海外の別荘に、従業員全員を招待するとお誘いをしてくださりました。それに私たちは喜んで、一緒に日取りまで決めました。また、

「勝どきのタワーマンションをいくつか購入したのだけれど、使わないので、住みたい子が居たらただで住んでも良いよ」

とも仰ってくださり、B様の天下ここに極まれりという状態でした。

しかしそんな話をしていた矢先に、B様に税務調査が入りました。1億円を超える額を支払わなければならなくなったとの事でした。そしてB様は会社を辞めました。事実上は副収入を得ていたことによる、解雇でした。急なことで、たった一か月くらいの間にB様の生活はガラリと変わりました。

お店に来ても、ボトルが減らぬうちに帰り、会計を値切ってくる様になりました。B様との会話も、失業保険を貰う事にした話や、ハローワークに通っている話、「マンションが売れても、〇千万円の支払いが残るよ~」などという暗い相談ばかりでした。

後にB様から直接伺ったのですが、B様は当時、金券ショップで安く手に入れたチケットなどを知り合いの企業に転売するなど、いくつかの方法で多額の収入を得ていたそうです。長年勤めていた一流企業を辞めることとなり、税金のために全てのマンションを手放すことになったB様。「仕事を探さなきゃだな……」と呟く、すっかりやつれてしまっていたB様の表情が今でも忘れられません。

B様は税金について今まであまり学んでこなかったそうで、たまたまやってみた事が瞬く間に大金になり、ゲームのような感覚だったそうです。本業以外でお金を稼いでいる自覚はあっても、そこに税金が発生しているとの認識はなかったそうです。

しかし再び数か月後、久しぶりに店に来たB様は、凄く生き生きとした表情で、

「実家のお寺を継ぐことにするよ。来年、お坊さんになるための大学を受験することにしたんだ。税金は支払うべきお金だったわけだし、あんなことがなければ、僕の人生はずっとあの会社の安定に任せたつまらない人生だったと思う。いいきっかけだったよ」

と笑いながら仰ったのです。

B様のご実家がお寺だったことにも驚きでしたが、50歳で再び大学に通う決心をしたことにもとても驚きました。

B様はそれから大学受験のテキストを持ってお店に通ってくださりました。お酒を飲みながら女の子に問題を出したり、大学生の女の子に、わからない問題を教えて貰っていたりと銀座ではあまり見かけない不思議な光景でした。

その後、晴れてB様は特待生枠で希望の大学に入学し、今現在もB様はお店にいらしてくださっております。40代後半での大学生活や、お寺での修行について話してくださいます。

前ほど頻繁にはいらっしゃいませんし、お金もそれほどは使えなくなってしまいましたが、凄まじい転落人生から第2の人生を歩み始めたB様のお話は以前より面白く、沢山のホステスから慕われ、尊敬されております。

「お坊さんになったら頑張って檀家さんを増やしてまた前みたいに沢山飲ませてあげるからね~♪」

先日、B様がこうおっしゃってくださり、私は嬉しくて涙が出ました。同時に冗談とはいえ、B様のお心遣いに感動しました。

B様は財と職を失うといった不運な時に、第二の人生の可能性を見出し、勉学に励み、心に余裕を持って堂々と過ごされております。

「人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、 真に向上するのは不運の時である。」

ドイツ古典主義の代表格であるシラーの言葉です。B様にピッタリだなと思ってお伝えしたら、大変喜んでくださいました。

これから、いろいろな人のお話をさせて頂ければと思います。今日ご縁を頂きました皆々様にも、福が訪れますように。

【桐島とうか】

’92年生まれ。’15年に学習院大学経済学部卒業。学生時代に起業して失敗し、水商売の道に進む。銀座にあるクラブ「Monterey」でママを務め、銀座のママとしては現在最年少。お店に来ている顧客数は2500人、個人の月間売り上げは1000万を越える。習い事はフラメンコ、ゴルフ、料理。趣味は仮想通貨投資、競馬、着物など


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス