最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

39年ぶりの快挙 男女共に、体操日本選手団が見せつけた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月2~8日に、カナダのモントリオールで、第47回世界体操競技選手権大会が開催されました。

大会初日から、個人総合で7連覇が期待されていた内村航平選手が左足首を負傷するなど、日本選手団の間に重苦しい空気が流れていた今大会。

しかし、大会最終日に2人の若き天才が歴史的快挙を成し遂げました!

白井健三は、3つ目のメダル

8日に行われた種目別決勝で、男子跳馬に出場した白井健三選手。

1回目の演技では15.200、2回目も14.600と高得点をたたき出し、2回の演技の平均が14.900で、見事金メダルを獲得しました。

白井選手にとって、世界選手権の跳馬で金メダルを獲得するのは初。すでに、個人総合で銅メダル、床運動でも金メダルを獲得し、総合力の高さを見せつけました。

また、日本人男子選手が跳馬で金メダルを獲得したのは1978年の大会が最後。

白井選手は21歳という若さで、39年ぶりの快挙を成し遂げたのです。

女子も奮闘

日本選手団の勢いは止まりません。8日、床運動に出場した村上茉愛選手が、14.233で金メダルを獲得しました。

日本人女子選手の金メダルは、1954年の大会以来、63年ぶり。また、床運動では史上初となる快挙です!

村上選手の偉業は、海外メディアから「日本選手団の次世代を担う存在」といった声が上がるほど。いかに、世界的注目度が高いかが伝わります。

今回の2つの歴史的快挙に、日本国内からは興奮と称賛のコメントが多数上がっています。

  • 体操日本すごい!手に汗にぎりながら応援していました。
  • 正直、女子の体操はあまりパッとしないイメージでした。ですが、村上さんの活躍で今後がとても楽しみになりました!
  • 東京オリンピックへの期待が高まりました。
共に21歳で、日本体育大学の同級生という白井選手と村上選手。2人の活躍に、体操日本の新しい時代の幕開けを感じずにはいられません。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス