最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

広末涼子、痴漢被害を明かし明石家さんまも驚く「お尻を触られ…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

10月8日に放送された「行列のできる法律相談所2時間SP」(日本テレビ系)に女優の広末涼子が出演し、MCの明石家さんまに対する怒りや痴漢にあったエピソードなどを披露した。

広末、「ただの痴漢にあいました」


番組の中で、北村晴夫弁護士から奇跡の夫婦にまつわるエピソードが紹介されると、その話の流れからさんまが「俺も広末と結婚できるチャンスがあったんやけどなぁ」と発言。

そして、さんまは「(広末が)16歳位の時に"将来さんまのお嫁さんでもいいか"って言った日があったよな?」と広末に尋ねると、広末は覚えていないという表情を見せながら「さんまさんがどなたかの結婚の号外が出た時にすごい悔しがって、"俺も号外出したい"って」と言っていたと明かした。

続けて「"広末と俺が結婚したら号外が出るぞ"みたいな(ことをさんまが言っていた)」とコメントすると、さんまは「俺は昔からアホか!」と広末の発言にツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれた。

また、広末が怒っている人物にさんまをあげ、ドラマで共演した際、休憩時に仮眠を取ろうとした所にさんまが現れ、ずっと話しかけられ寝れなかったことを明かした。

また、その共演から10年後に出演した「さんまのまんま」では、本番前に女優としてのイメージもあるのでプライベートの話題を避けるよう打合せしていたにもかかわらず、本番でさんまがおかまいなしにプライベートな質問をしてきたエピソードなどが紹介された。

さんまは、この「さんまのまんま」の件について広末に「俺のことよく知ってるやろ?(トークを)任せられるやろ俺に」と尋ねると、広末は無言になり、更にさんまが「(自分を)信用はしてるよなぁ?」と質問すると、広末は「信用はしてないけど、好きです」と答え、その答えを聞いたさんまはフロアに倒れ込み、スタジオから笑いが沸き起こった。

また話題が進み、"withB"ことブリリアンの二人と広末のネタが即興で披露され、そこで広末が最近、痴漢にあったことが明かされるとさんまは驚きながら「広末、ほんまに?」と尋ねた。広末は「ただの痴漢にあいました」とコメントし、スタジオから「えー」という驚きの声があがった。

広末に依れば、歩いていた際に後ろからお尻を触られ、怒った広末が痴漢に説教をしたのだという。その広末のエピソードにスタジオ中が終始、驚きを隠せない様子だった。

(担当・桧垣らいと)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス