最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【福岡のうまかもん】パリッパリの一口焼餃子でビールも格別「餃子屋弐ノ弐」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
九州・沖縄で展開する「餃子屋弐ノ弐(にのに)」は大名店をはじめ、今泉店・南天神店・警固店・川端店と福岡市内だけでも5店舗を構える人気店。看板メニューは何といっても、片面がパリッパリに焼き上がった焼餃子!「カリッ」とした食感に「ジュワッ」と口の中に広がる肉汁…。一口サイズで食べやすく、ビール片手に箸が止まらなくなりそうだ。

ジュワーッという音と立ち昇る湯気、あっという間に出来上がる焼餃子に食欲も気分もあがる。

開店と同時に沢山のお客さんがあふれ、店内はわいわいとあっという間ににぎやかなムード。「まずはビール!それと…」と老若男女問わず人気の定番メニューは「たたきキューリ」(250円)だ。熱々の焼餃子を待ちながら、仕事帰りのご褒美ビールのお供にオーダーしよう。

そしてもう一つのオススメは名物の「四川麻婆豆腐」(480円)。花椒の香りと辛味、旨味が絶妙で、ラー油や醤も手作りだという本格的な一品。辛さは控えめ、激辛を選ぶこともできる。

西通りから曲がるとすぐ、天神のど真ん中にある「餃子屋弐ノ弐 大名店」。いつも大勢の客で賑わう店内にはカウンター席もあるから、団体でもお一人でも気軽に立ち寄れる。17時~18時30分までに来店すると、焼餃子と生ビールがなんと半額になる「ハッピーアワー」を毎日開催。熱気あふれるアジアン食堂の空間で、食べて!飲んで!笑って!とことん楽しもう。

【九州ウォーカー編集部/文=八木あお、撮影=鍋田広一(パンフィールド)】

https://news.walkerplus.com/article/119731/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス