最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【懐かしアニメ回顧録第35回】キャラクター描写にまで関与する、「THE ビッグオー」のすぐれたロボットデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年10月12日より、テレビアニメ「いぬやしき」が放送される。総監督は「TIGER & BUNNY」(2011年)や「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」(2017年)の監督ほか、実写作品の監督もこなす多芸多才のさとうけいいち氏。
そのさとう氏がキャラクターデザインとメカニックデザインを手がけたアニメが「THE ビッグオー」(1999年)である。現在は全26話となっているが、放送当初は全13話で完結していた。しかも、主役ロボットのビッグオーが3体もの敵ロボットに戦いを挑むところで終わるリドル・ストーリー(謎を残したまま終わる物語)であった。3年後に後半13話が制作されたのは、米国でのセールスが好調だったためである。

さて、今回は前半13話の中から、第12話「Enemy as Another Big!」の戦闘シーンにスポットを当ててみよう。サブタイトルが示すように、主役のビッグオーと同じタイプの敵ロボット、ビッグデュオが登場するエピソードだ。

“空を飛ぶ強敵”の見せる断末魔

ビッグデュオは、ほとんどビッグオーと同じ外見をしているが、大きく異なる部分がある。ビッグオーは人間と同じように5本の指を持っているが、ビッグデュオの指は作業機械のような4本のマニピュレーターだ。そのマニピュレーターをプロペラのように高速回転させることで、ビッグデュオは空中を飛行する。
ビッグオーは地下鉄の線路を使って、物語の舞台となる“パラダイム・シティ”のどこへでも、地中から現れることができる。対して、ビッグデュオは自在に空中を舞って、ビッグオーを窮地に陥れる。「マジンガーZ」や「機動戦士ガンダム」でも、空を飛ぶ敵に味方のロボットが翻弄されるシーンは見られた。空を飛ぶ敵=強敵の図式は、いわばロボットアニメの様式美だ。
ビッグデュオが強いのは、空を飛べるからではない。実際、腰のアンカーを使って空中へ移動したビッグオーによって、ビッグデュオはなす術もなく地面に叩きつけられ、倒されてしまう。

右腕と頭部を失ったビッグデュオから、操縦者のシュバルツバルトが逃げ出す。だが、操縦者を失ったにもかかわらず、ビッグデュオはみずからの意思で動き出し、戦場となったドーム都市の中央建造物に左手を伸ばす。ゾッとさせられるのは、その次の瞬間だ。4本の指を震わせながら、建造物に腕を伸ばすビッグデュオ。いよいよ力尽きて倒れるのだが、その寸前、4本の指がプロペラのように少しだけ回転するのだ。
つまり、生き物のように動いていたビッグデュオが、断末魔の瞬間だけメカニックとして備わっていた「指をプロペラにして飛行する」機構を見せる。こと切れる寸前、フッと意志のともなわない反射運動をする。その機械的な動きが、かえって生き物らしい“死”を強く感じさせるのだ。

ロボットと操縦者が共有する、外見的特長

そもそも、ロボットとは人間の形と動きを模したマシンである。
“リアル”と呼ばれる「機動戦士ガンダム」でも、赤い軍服を着たシャアが赤いザクに乗ることで、シャアの精神的強さとザクの性能が色によって相乗され、“強さ”が表現されていたのではないだろうか。
同じように、ビッグデュオは操縦者のシュバルツバルトといくつかの外見上の共通点を持っている。シュバルツバルトは元新聞記者で、物語の舞台“パラダイム・シティ”の秘密を探るうちに大やけどを負ってしまった。そのため、全身を包帯で覆っている。ビッグデュオも、初出現時には全身が包帯に包まれていた。
もうひとつ、シュバルツバルトは怪我のため、左目を金属のカバーで覆っている。右目は包帯の間からむき出しになっている。同じように、ビッグデュオの顔面も左右不対象だ。顔の右側が黒く、左側が白い。外見上の共通点により、シュバルツバルトの狂気がビッグデュオに乗り移ったかに見える。外見から生じる操縦者との一体感こそが、ビッグデュオの“強さ”なのである。

そして、シュバルツバルトはビッグオーの操縦者であるロジャー・スミスと初対面としたとき、「君も同じ姿になってくれればよかったんだがね」と、包帯に覆われた顔を見せつける。
そして、シュバルツバルトの操縦するビッグデュオが、ロジャーの乗るビッグオーの顔面をつかんだとき、ビッグオーの右目を覆っていた透明のカバーが砕けて、右目のカメラがむき出しになる。すなわち、ビッグオーの右目はシュバルツバルトの包帯からむき出しになった右目と、外見的特徴を共有してしまうのだ。
この描写は、「ビッグオーに乗ったロジャーまでもがシュバルツバルトと同じように“パラダイム・シティ”の秘密を知り、狂気に陥ってしまうのではないか?」という不安を呼び覚ます。そして、つづく第13話で、ロジャーは“パラダイム・シティ”の過去に興味を持ち、ビッグオーは断末魔のビッグデュオと同じく、操縦者が不在のまま動き出すのである。
すぐれたロボットデザインや戦闘シーンは、キャラクターの立場や心情の変化をも描写し、ストーリー展開を牽引し得るのだ。

(文/廣田恵介)
(C) サンライズ

>> 【懐かしアニメ回顧録第35回】キャラクター描写にまで関与する、「THE ビッグオー」のすぐれたロボットデザイン の元記事はこちら

外部リンク(アキバ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス