最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

風間俊介「嫌なヤツやってやろうと思ったら…」予想外の"いい銀行員"役に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の風間俊介が8日、都内で行われたTBS系日曜劇場『陸王』(10月15日スタート、毎週日曜21:00~)の特別試写会&舞台挨拶に出席し、初の銀行員役への意気込みを語った。

ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を原作とする同ドラマは、かつては隆盛を誇った倒産寸前の足袋屋「こはぜ屋」が、仲間たちと共に復活を目指し、ランニングシューズ"陸王"の開発に挑んでいく物語。主人公の「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山崎賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人を竹内涼真が演じる。

風間が演じるのは、存続の危機に瀕するこはぜ屋をバックアップする埼玉中央銀行融資課の銀行員・坂本太郎。こはぜ屋の将来を考え新規事業を始めるべきだと宮沢に提案する重要な役どころで、こはぜ屋の新規事業である"陸王"の開発を応援し続ける。

風間は「最初に銀行マンって言われたとき、池井戸さんの作品ですから、『よしっ、嫌なヤツやってやろう』と思ったんですけど、今回ものすごくいい銀行員で」と笑い、「世の中にいい銀行員の方もいっぱいいらっしゃると思うので、いい銀行員の思いを全部背負ってやっていきたい」と意気込んだ。

また、「すすり泣きだったり、小さな笑い声だったり、楽しんで観てくれているというのが伝わってホッとしました」と試写会の観客の反応に安堵。「みんなだれかに応援されて、だれかのことを応援して、仕事とか学校とか頑張っていると思う。一つのことを目指してみんなで頑張っているという、みんなが共感してもらえるテーマの中で物語が進み、みんなが喜んでくれる物語になってるんだなと改めて感じました」と同作の魅力を再確認したようだった。

舞台挨拶には、風間のほか、主演の役所広司をはじめ、山崎賢人、竹内涼真、上白石萌音、小籔千豊、ピエール瀧が出席した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス