最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

瑛太を全否定!? 木村カエラの「超毒舌」が話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の瑛太(34)が、10月2日放送の『FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)に出演。妻の木村カエラ(32)とのエピソードを披露して、ファンを驚かせたようだ。

番組の中で、瑛太に関する3つの私生活エピソードの中から、1つの“嘘エピソード”を見破るクイズが出題された。選択肢となったエピソードは、「妻に責められて『ONE PIECE(ワンピース)』全巻を大人買い」、「“犬の動画”を見て号泣」、「ムロツヨシのために、弟の永山絢斗と誕生祝いのケーキを手づくり」の3つ。そして、正解となる嘘エピソードは「“犬の動画”を見て号泣」だった。

その一方、視聴者の注目を集めたのは、本当のエピソードである「妻に責められて『ONE PIECE』全巻を大人買い」。このエピソードの再現VTRの中で、友達から『ワンピース』を薦められた瑛太は、「みんなが見ているものを見ると同じ感覚になる」「俺はそれが嫌なんだよね」と、人気漫画を読まない理由をカッコよく発言。しかし、これを聞いた妻のカエラからは「あーあ、ワンピース読んでないから、こうなっちゃうんだよね。あの価値観が分かんないから、こうなっちゃうんだよね~」と、瑛太のセンスが全否定されてしまう。

瑛太に対する妻のカエラの“毒舌ぶり”に、視聴者はビックリ。ネットには「瑛太くん、ガチでそんなこと言われたんだ」「思いの他、ズバッと言うのね」「カエラちゃんにセンスを否定されたら、誰も何も言えんわな」「意外とカエラちゃんの尻に敷かれてるのかな」「そりゃ木村カエラに言われたら、俺も大人買いするわ」と、驚きの反応とともに、瑛太に同情的な意見が寄せられた。

「かつて木村カエラは、音楽情報番組『saku saku』(テレビ神奈川)でMCを担当していました。MC就任当時18歳だったカエラは、初回からタメ口を連発して、毒舌で有名な番組キャラクターの増田ジゴロウから“タメ口姫”のニックネームをつけられていましたね」(テレビ誌ライター)――毒づかれる瑛太も、ほほ笑ましい?


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス