最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ローラースケートで日本兵が戦う? ジャニーさん演出ミュージカルがすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Shutter2U/iStock/Thinkstock)

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ケ原です。

2017年秋、東京の日生劇場、帝国劇場の2つの会場で、ジャニーズJr.がミュージカル公演を行ないました。どちらもジャニーさんが企画・演出をしており、第二次世界大戦の戦闘シーンが話題に。

■ジャニーズJr.に戦争体験の話を


日生劇場での「少年たち」は、日本の離島にある少年院の物語です。

主人公のジャニーズJr.、ジェシーはアメリカ人と日本人のハーフ。ジェシー(劇中の役名は本名)はある日突然、少年院から出所しろと命ぜられます。ジェシーの本籍がアメリカにあり、アメリカが戦争を始めたため、兵隊として招集されたのです。

少年院では一番穏やかな性格だったジェシー。

最前線で戦うジェシーは、敵国の幼い兵隊とはちあわせになり、敵の少年をかわいそうに思い、撃つことができませんでした。

これをきっかけにジェシーの部隊の居場所が敵に通報され、部隊は全滅。そしてジェシーは豹変します。「戦争では優しいやつから死んでいくんだ!」と叫び敵を撃ちまくり、やがて殉死。

その後、少年院の仲間たちは、戦争体験を伝える博物館の学芸員になるというハードな展開。「人間の歴史のなかでは、いつも戦争が起きている」「戦争と無縁の人生だと思っているのは、日本人だけだ!」と力強いセリフを残します。

■シリアスな戦争ストーリー


テレビで何度もモノマネされてきたコミカルなジャニーさんのイメージとは異なる、シリアスな戦争ストーリー。ミュージカルのパンフレットの中でジャニーズJr.たちは、ジャニーさんが戦争体験の話を何度もしてくれたとコメントしています。

ジャニーさんは現在80代、幼少期はアメリカで育ちましたが、第二次大戦中に日本に強制送還されたという噂もあります。開戦したときは、日本人であることからアメリカ国内で辛い経験をしたのかもしれません。それで何度も、戦争の話をJr.の子たちにするのでしょうか。

■ローラースケートで銃を撃つ過剰演出へ


帝国劇場では「JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND」というミュージカルを公開。

YOU&MEは「夢」とかけ、ダジャレが好きなジャニーさんらしいネーミングです。こちらはジャニーさんのスーパーお気に入りJr.、平野紫耀くんが主演。

平野くん(役名も本名と同じ)が謎の力で、時空を超えた旅に出る物語です。劇中で平野くんは、第二次世界大戦を目の前で見る場面が。

100名近いジャニーズJr.が軍服で銃を持ち、まるで北朝鮮のマスゲームのように行進をするシーンが長時間ありました。そして最後には、ジャニーさんお気に入りの中高生ユニット「Hi Hi Jet」が白い軍服に赤い銃をもちローラースケートでステージを駆け巡ります。

ローラースケートで日本兵…かなりシュールな佇まいに、観客は度肝を抜かれました。

■毎日演出を変えた


パンフレットによると、ジャニーさんが劇場に頻繁に顔を出し、毎日演出を変えていったようです。

Jr.メンバーは、ステージの立ち位置や出番が急に変わって、苦労した模様。軍服で銃を持つシーンも、ジャニーさんが「やっぱりYOU、ローラースケート履かなきゃだめだよ!」と、演出変更になったのかもしれません。

ジャニーさんは、少年たちが戦争に駆り出される悲しみを表現する思いが強まり、過剰な演出に走ったのでしょうか。カオスすぎるあの演出は、みなさんにも見ていただきたかったです。

・合わせて読みたい→ジャニーさんの遺言?ジャニーズJr舞台での「本気の指導」でケガ人も…

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス