最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

森川葵、徳井義実のオトナな振る舞いにドキッ「引っ張っていってくれる男性に惹かれる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マンガアプリ「マンガボックス」で連載中の同名漫画を原作とした映画『恋と嘘』10月14日に公開される。

物語の舞台は少し未来の日本。「超・少子化対策法」として、16歳になると政府から最高のパートナーが通知される。主人公の仁坂葵も、政府の決めた運命の相手との結婚を夢見ていた女の子。しかし、政府通知が届いたその日から、優しい幼なじみと政府の決めた相手との間を揺れ動くことになる……。

主人公の葵を演じるのは映画『渇き。』『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』など話題作に出演し、作品ごとに全く違う色を見せつける注目の若手女優・森川葵。幅広い役柄を演じ分ける彼女は今回の「葵」役をどのように受け止めたのか。作品への思いや共演者の印象など、話を聞いてきた。

同じ「葵」という名前の役柄にドキドキ
――政府が結婚相手を決めるという世の中を描いていますが、原作を読んでどう感じましたか?

森川: 最高の相性のパートナーを政府が選んでくれるというのはいいなって思いました。しかも、安定した暮らしを保証してくれるなんて……!なおさらいいですよね。やっぱり女性として結婚もしたいし、子供も欲しいと思いますし。

――安定という言葉は惹かれますね。ということは、森川さんは政府通知に賛成ということでしょうか?

森川: ただ16歳はちょっと早いのかなぁと思います。もう少し恋愛したり、社会を学ぶことも大切ですよね。でも大人になってから政府通知をもらったら、相手に対して不満とかでちゃうかも。だから、16歳というのは適している部分もあるんでしょうね。

――主人公は、森川さんと同じ「葵」という名前でしたね。演技中に戸惑いを感じることや、同じ名前だからこそドキッとしてしまうことはありましたか?

森川: なんで同じ名前なんだろうって思いながら演じていました。しかも、北村匠海くんも佐藤寛太くんも、2人とも声がステキなんですよ。だから、「葵」って呼ばれるだけでキュンとしてしまうことがありました。2人とも演技中は「葵」で、カメラが回ってないと「葵ちゃん」と呼んでくれていたんですが、ときどきごっちゃになって、演技以外のとき「葵」って呼ばれることもあって。そのときは素でドキッとしちゃいました(笑)。

徳井義実に胸キュン「引っ張っていってくれる男性に惹かれる」
――キュンキュンするシーンも多い作品ですが、撮影中に一番ときめいたエピソードを教えて下さい。

森川: 葵の叔父さん役として共演した徳井義実さんにドキッとさせられました。私が「エシレ」(※)のバターケーキをずっと食べたいと思っていたときに、ちょうど徳井さんがテレビで紹介していたんですよ。その翌日に撮影があったので「どうでしたか?」って聞いたら「めっちゃうまいで!」って教えてくれて。そしたら、次に撮影で一緒になったときに買ってきてくれたんです!

――それはうれしいですね。

森川: しかも手渡しするんじゃなくて、徳井さんが帰り際に「荷物になっちゃうかもしれないけど、楽屋に置いといたから」って言って去っていく姿がすごいカッコよかったです。

――カッコいいですね! ケーキのお味はいかがでしたか?

森川: すごくおいしかったです。本当に自慢の叔父さんです。

(※「エシレ・メゾン デュ ブール」の略。フランス産伝統発酵バター「エシレ」を100%使った、オリジナル・レシピによる焼き菓子やパンを販売する世界初のエシレ専門店。)


――ちなみに、森川さんの男性のタイプは?

森川: ぐいぐい引っ張っていってくれる男性に惹かれてしまいます。デートのコースとか全部決めてくれて、でもちゃんと空気を読むところは読んで、こちらの意見も尊重してくれる人がいいですね。

――まさに年上の徳井さんのような方がいいのでは?!

森川: そうですね(笑)。

ピュアな女の子役は苦手?「ちょっとあざとい雰囲気が出ちゃう」
――今回は、ピュアな16歳の女の子の役でしたが今後演じてみたい役柄があったら教えてくださ い。

森川: これまでは、ちょっとブラックが入っているような面倒な女の子を演じることが多かったんです。実は純粋な女の子を演じるのが苦手で……。これからは、今回演じたような純粋な女の子を素直に演じられるようになりたいです。

――純粋な女の子に苦手意識がある理由は?

森川: 自分が純粋じゃないからかも(笑)。台詞を言うときにちょっとあざとい雰囲気が出ちゃったりするんですよ。だから、純粋な女の子にもっとチャレンジしていきたいです。

――今回の役柄が楽しみですね! 最後に女優という仕事の醍醐味を教えてください。

森川: 自分の人生が作品という形に残ることがうれしいです。ちゃんと仕事をして頑張った姿をたくさんの人に見てもらえることが一番の幸せです。


ヘアメイク:牧田健史

スタイリスト:小山田孝司

テキスト:氏家裕子

写真:岡田誠


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス