最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男友達とは何か? 交際相手・友達以上恋人未満・男友達の境界線とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんには、男友達がいますか? また何処から何処までの範囲を「男友達」と呼んでいますか?

最近、女友達から「男友達とキスしちゃった」と言われた事がありました。しかし、そもそも男友達とキスをしてしまった時点で男友達ではないのではないでしょうか?

ただ、それでも彼女は言うのです。「でも、彼はただの男友達だから。私には、彼氏だっているし。」と。

果たして「ただの男友達」とは彼女にとって一体どんな存在なのでしょうか?私が思うに、それはもはやただの男友達ではないように思うのですが……。

今回は、「男友達」「友達以上恋人未満」「交際相手」の境界線について改めてお伝えしたいと思います。



■「男友達」の定義とは男友達とは、「恋愛関係のない男性・友情関係のある男性」の事を指します。

基本的に、男友達とは恋愛関係は一切ありません。というか、恋愛関係が起きた時点で「男友達」では無くなります。

ただ、ここ最近の婚活市場では「結婚できないなら、男友達をまず見直せ」「男友達を作ろう」といったアドバイスも多いです。しかし、個人的には男友達という時点で恋愛に発展する事はごく稀だと思うのです。

万が一恋愛に発展するのであれば、どちらかがずっと相手の事を少なからず「いいな」と思っている場合です。何がしらのキッカケがあって、友達同士が恋愛に発展して結婚に至るというケースも少なくありません。

ただ「結婚する為に男友達を作る」は、なんか違うと思います。結婚したいなら、最初から交際相手・結婚相手を探した方が手っ取り早いです。

「男友達になって、自分の事や相手の事をよく把握した上で結婚した方が失敗はないと思う」という方も多いのですが、そもそも男友達を作るのってある程度時間と労力かかります。

そんな事に労力を費やすよりも、婚活に労力を費やした方が結婚は早いです。



■「友達以上恋人未満」の定義とは正直、個人的にはこんなにズルいワードは無いと思っています。これは、「キープ」という意味ではないかと……。

主に、「交際までには至らないんだけど、デートするには丁度いい」とか、「彼氏いるけど、彼氏に用事がある時に会う感じ」など、都合よくつかわれる事が多い曖昧なワードですよね。

個人的には、デートしたり手を繋いだりキスしたりする時点で「友達以上恋人未満」もクソも無いと思います……。



■「交際相手」の定義とは交際相手は、主に交際している相手の事を指します。主に「彼氏」「彼女」の事を指すのですが、最近では交際相手の定義も緩くなってきているような気がします。

友達以上恋人未満の異性(実は本命)に「私には、彼氏がいるけどいいの?」「彼氏と最近色々あってさぁ……。」と相談相手に持ち掛ける事によって、浮気をしようとする(むしろ本気?)という女性も多いですね。



■交際相手・友達以上恋人未満・男友達の境界線まとめ交際相手・友達以上恋人未満・男友達の境界線を箇条書きにすると、

・交際相手…カップル、彼氏、彼女、結婚前提にお付き合いしている相手

・友達以上恋人未満…キープ要員、交際には至らないけどデートや関係を持つ相手

・男友達…恋愛関係のない異性の友達

といったカテゴリー分けをされると思うのですが、実際には人それぞれで定義が異なり、非常に曖昧になっています。

また、最近の婚活市場では「男友達」「友達以上恋人未満」の男性に目を向けろといったアドバイスが増えています。

でも、男性って本当に良いなと思ったらすぐにアプローチするものです。

下手に「友達以上恋人未満」関係にしてキープしておくとか、友達のままにしておくような事って少ないですよ。

よっぽど昔から付き合いがあるか、サークル活動でも一緒に行っている訳でもない限り。

少なくとも「婚活で男友達を作りましょう」は変な話だと思うのです。それでも、婚活する女性は「自然な流れで結婚相手を見つけたい」というのです。

正直、出会い方よりも大切なのは「あなたを大切にしてくれる人かどうか」位ではないかと思います。

婚活するなら、友達以上恋人未満や男友達を作ってズルズルキープ要員になっている場合ではありません。

あなたの事を結婚前提の女性としてちゃんと検討してくれる男性をきちんと探しましょう。

Written by みくまゆたん


外部リンク(恋学)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス