最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ネイルや服、何色が好き?ストレスが溜まった人が好む色とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年、季節ごとに変わるトレンドファッション。今年の流行りのアイテムを、今持っている服にどう合わせるか。女性にとって、非常に気になる関心事です。色は? 形は? 大きさは? と、その悩みは尽きることありませんよね。

自分の好みのカラーだったり、上下のバランスで、しっかり選んでいるつもりのトレンドファッションですが、実は無意識のうちに、ストレスが絡んでいるのを知っていますか?

◆ストレスが溜まってる人は、赤・金・銀が好きな傾向が

あなたの好きな色は何色ですか? と聞かれて、何色を思い浮かべるでしょうか?

「小さい頃からピンクが好きだった」「私はブラウン!」「真っ白が好き」など、人によってさまざまな答えが出てくるでしょう。

メディプラス研究所は9月14日、「ココロの体力測定」から「色」に関する調査結果を発表。高いストレスの女性と、ストレス値が低い女性では、好きな色の傾向に違いがあったと、分析しています(調査対象:女性1854人)。

高いストレスを持っている女性と、ストレス値が低い女性ともに好きな色、第1位は「ピンク」。この色は高ストレスと低ストレスの人、ともに好きな色にあげています。

しかし、2位以下の結果が大きく異なりました。

高ストレスの人は、レッドやゴールド・シルバーというゴージャスな色を好む一方、低ストレスの人はオフホワイトやグリーンと、自然で優しい配色を好んでいたのです。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=763719

◆なぜストレスが溜まっている人はレッドが好きなのか?

なぜ、高ストレスの人はメタリック色を、低ストレスの人は自然で優しい配色を好むのでしょうか?

メディプラス研究所によれば、被験者の自律神経機能の働きを調べたところ、グリーンの色を見たときには緊張時に働く交感神経が抑制されていました。対照的にレッドの色を見たときは、交感神経が緊張状態に。つまり、グリーンの色を見た時はリラックス状態になっていたのです。

昨今、首都圏では「自殺者を減らす取り組み」として、鉄道のホームや踏切に青い電灯を設置している駅が増えています。また、海外では「犯罪防止につながる」と、街路樹に青色LEDを採用しているところもあります。これもブルーという色には、人の気持ちを落ち着かせる効果があるとされているからです。

色の力を利用して、心の健康を図る「カラーセラピー」と同様、ストレスによる自律神経の乱れは色彩の力によって調整することができます。

レッドやイエローの暖色系は、交感神経を刺激し、脈拍数やテンションを上げ、興奮状態になりやすい。一方、ブルーやパープルのような寒色系は、休む機能の副交感神経を刺激するので、「静」の状態を作り出せると言われています。

◆日常生活では色を味方に付けよう!

「ブラックが好きだったけど、最近はグリーンも好き」、「ホワイトも好き。ゴールドも気になる!」と、好きな色はその時々で変化します。

最近、気になる色が変わったなと思ったら、心の変化を考えてみてはいかがでしょうか? もしかすると、気づかないうちにストレスが溜まってきているかもしれません。

イライラ状態が続いたり、ストレスの発散が上手くできなかったりする時は、色の力を借りてみるのも有効です。カラーセラピーでは、自分に必要な色を身に付けることで、心に影響を与えることができると言われています。

心を落ち着かせてくれるグリーンやブルーを目につきやすいネイルに加えることで、自分や周りの人のストレスを減らすことができるかもしれません。トレンドファッションに上手く自分に必要な色を取り入れて、心を健康に保ちましょう!

【調査概要】

メディプラス研究所「ココロの体力測定2017」

インターネット調査(本調査 :2017年4月、全国の20~69歳、2266人)

本レポート活用対象:女性全体1854人(高ストレス者:522、低ストレス者:370)

<TEXT/女子SPA!編集部>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス