最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

新日本プロレス VS UWFインターナショナル全面戦争――フミ斎藤のプロレス読本#106【特別編】新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


1995年10月9日、東京ドーム

第1試合30分1本勝負

永田裕志&石澤常光 対 金原弘光&桜庭和志

第2試合15分1本勝負

大谷晋二郎 対 山本健一

第3試合30分1本勝負

飯塚高史 対 高山善廣

第4試合30分1本勝負

獣神サンダー・ライガー 対 佐野直喜

第5試合30分1本勝負

蝶野正洋 対 宮戸優光(宮戸のUインター退団により中止)

第6試合45分1本勝負

長州力 対 安生洋二

第7試合45分1本勝負

佐々木健介 対 垣原賢人

第8試合セミファイナル45分1本勝負

橋本真也 体 中野龍雄

第9試合メインイベントIWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負

(王者)武藤敬司 対 (挑戦者)高田延彦

“十三万四千の瞳”である。平成7年10月9日、東京ドーム。『激突 新日本プロレス対UWFインターナショナル 全面戦争』。

プロレスっていったいなんなんだろう、という問いへの答えをみつけに、みんなが東京ドームに集まった。

石澤常光と永田裕志が長い花道をかけ抜けてきた。大谷晋二郎が山本健一の首根っこをつかまえてリング下に放り捨てた。

佐野直喜が場外の獣神サンダー・ライガーにトペを見舞っていった。

ライガーはプロレスの申し子。ほんとうはレスリングだけですべてを表現できるアスリート・アーティストである。でも、やっぱりしゃべりたくてしゃべりたくて仕方がなかった。

「あんまり個人的な感情は出しちゃいけないんだけど」と前置きをしてから、Uインター佐野への想いをいっきにぶちまけた。

「プロレスに未練がないといったらウソでしょ」

「心の底に願望がなかったら、あの技(トペ)は出ないもん」

「(試合には負けたが)佐野さんの人生には勝った。だって、あれは偽りの人生だもん。あー、興奮しちゃった」

UWFが偽りの人生だとしたら、これはたいへんなことだ。ライガーは、かつての同期・佐野をなんとか純プロレス的なボディー・ムーヴメントに引きずり込もうと躍起になった。

佐野は佐野で、おたがいに歩み寄れるレスリングの座標軸をタイガー・スープレックス・ホールドに設定していた。Uインターのルールであればスープレックス・ポイント、通常のプロレス・ルールなら“大技”。

いつのまにか、佐野は3カウントのフォールで勝負を決めていた。

リングサイドから全試合を観戦したアントニオ猪木は「(選手たちは)訴え方を問われていた」と団体対抗戦を総括した。

プロレスラーは、“やる側の立場”からプロレスというジャンルの本質を模索する。“観る側”は、リングの上で起こっていることをもとにプロレスと接している。だから、試合が終わっても、観る側=観客の五感のなかのプロレスは終わらない。

6万7000人の観客がいれば、6万7000通りのプロレスの見方がある。プロレスとのかかわりに、こうでなければならないという公式はない。なにを、どうみて、どう感じて、どんな結論を導きだしたってかまわない。

新日本プロレスとUインターのぶつかり合いは、根本的にはプロレスと観客の知恵くらべだった。UWF信者層は頭から湯気を立てて怒るかもしれないけれど、Uはプロフェッショナル・レスリングの数あるセクトsectのなかのひとつでしかなかった。

新日本信者、猪木信者もいれば異種格闘技信者もいる。東京ドームのなかにはきっと全日本プロレス信者、ジャイアント馬場信者、女子プロレス信者もいただろう。

アストロビジョンに映っている映像は同じでも――まったく同じシーンをまったく同時に目撃したとしても――観客ひとりひとりがそこから受けとるメッセージは千差万別のほうがいい。

武藤敬司と高田延彦の闘いは、新日本とUの勝負ではなくて、ふたつの宝石のうちのどちらがより光り輝いているかのくらべっこだった。

憂うつさをリングに持ち込んだ高田は、この日はスターとしての光を失い、花道で“ヤッホー”のポーズを決めた武藤は“十三万四千の瞳”を一身に浴びて艶やかな身のこなしを披露した。

入場シーンから試合終了のゴングまでのあいだに発生した“ムトー・コール”は全部で6回。そんなマニュアルはどこにも用意されていなかったのに、ほとんどの観客は知らず知らずのうちに武藤を円の中心にしてリングの上をながめていた。

武藤が足4の字固めで高田からギブアップを奪った瞬間、坂口征二・新日本プロレス社長が「よかった、よかった」と大はしゃぎで頭のてっぺんのほうで拍手をしながら三塁側ベンチ――ぼくもこの位置からリングと液晶ビジョンの両方をみながらノートを取っていた――からリングに向かって駆け出していった。

敗者・高田が潔く武藤の手を高だかと差し上げると、ここで初めて“タカダ・コール”が起きた。プロレスはまたしても観客に応用問題を突きつけてきた。

試合後の武藤のコメントは「あー、久しぶりに緊張しちゃった」だった。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス