最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

リストラ、病気…“パパのピンチ”でも動じない! 「どっしりママ」になる4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業の終身雇用制度が崩れ、景気や社会情勢の先行きも不透明な今は、一家の稼ぎ頭であるパパの身に、いつ何が起こるかわからない時代です。

「夫が会社で所属していた部署が閉鎖されることになって、急に転職するハメに…」

「出産したとたん、夫の経営する会社がどんどん経営難に…」

「激務続きの夫が心身の調子を崩して、会社を辞めてしばらく休むことに…」

こんな話は、私の周囲でも決して珍しくありません。「こんなの想定外」「聞いてないよ!」というママたちの悲鳴も聞こえてきます。まだ何も起きてなくても「うちも将来、パパに何かあったらどうしよう」と不安がるママの声も…。

しかし中には、普段から特に不安がらず、実際にパパがピンチになっても大して動じず、「大丈夫、私が働きに出るから!」「身体を壊すくらいなら専業主夫になってもいいよ」と言い放つ頼もしいママもいます。

予期せぬトラブルに見舞われても、ママがそんなふうにどっしり落ちついていられたら、パパも早く立ち直れますし、子どもたちも動揺せずに済みますよね。

何があっても動じないママでいるために必要な条件とは?周囲の「どっしりママ」たちの言動から探ってみました。

■1. 「いざとなったら私が稼ぐ!」という気概

日本では、まだまだ「男(夫)が稼ぐもの」という価値観が根強く残っています。そのため、パパが一時的にでも仕事を失ったり働けなくなったりすると、「男なんだからしっかりしてよ!」と夫を叱咤したくなるママも多いかもしれません。

しかし今の世の中で、リストラや会社の経営難などの憂き目に遭うパパたちは、決して怠けているわけでも頼りないわけでもありません。

それなのにママが「男なんだから」と収入面での責任を負わせようとすると、パパもつらいし夫婦仲も悪化しかねません。

その点、周囲の「どっしりママ」たちは、普段から「男が稼ぐもの」という古い価値観にあまり縛られていないようです。

「どっしりママ」の感覚では、家庭によってパパとママの役割は違うものの、責任は同じ。「パパが働けなくなったら、私が稼げばいい」という考えなので、何かあったときも動じず、家族のためにすぐに行動を起こせるのです。

たとえばワーママであれば、いざというときには転職したり働き方を見直したりすれば、収入を増やして一家の大黒柱になることは十分に可能でしょう。

一方、専業主婦の場合は、夫がリストラされたからといって急に職探しをしても、再就職できる保証はありません。しかし、職種にこだわらずパートやバイトの仕事を見つければ、何とか最低限の生活費を稼ぐことはできるはずです。

ちなみに、私の知人の専業主婦、Aさんは、常々、パパに「もしアナタが会社をクビになったら、私がバーを始めるから大丈夫!」と言っているそう。

といっても、Aさんは、仕事を辞めてから10年以上のブランクがありますし、Aさん自身、バーを開業するというプランが簡単にうまくいくとは思っていません。

それでもあえて口にするのは、家族を養うため、プレッシャーを抱えながら働いているパパの気持ちを軽くするためなのだとか。

また、冗談めかして明るく口に出すことで、自分自身も「それも楽しいかも」と前向きで楽天的な気持ちになれるといいます。

「いざとなったら私が稼ぐ」という言葉は、いわば「失敗しても責めたりしない。ピンチのときは私が全力で助けるからね」というメッセージ。ママからそんなメッセージがあれば、パパも安心して仕事に打ち込めますよね。

■2.実際に「稼ぐ」ための準備やリサーチ

また、いざというときに備えて、より具体的にビジョンを描き、行動しているママもいます。

大企業に勤めるサラリーマンの夫を持つBさんは、現状では夫の稼ぎだけで十分にやっていけるのに、あえて月に何度か、結婚式場の配膳係のアルバイトをしているそうです。

表向きは、気晴らしとおこづかい稼ぎという名目ですが、実は「将来、パパに何かあったときも、とりあえずバイトを増やせば当面は何とかなる」という考えもあるのだとか。

たしかに、子育てをしながら細々とでもパートやバイト、在宅ワークなどをしておくと、「私も稼げる!」というママの自信につながります。

実際に行動を起こすのは難しい専業ママも、パパが働けなくなったときに自分ができそうな仕事や副業について、ときどき考えたり、インターネットや図書館でリサーチしたりしておくといいのではないでしょうか。

■3.ミニマムな出費で暮らせる節約力

いざとなったら稼ぐという気概と、実際に「稼げる」能力も大事ですが、実はそれ以上にモノを言うのが「節約力」です。

なぜなら、たとえ収入が少なくなっても、支出を大幅に抑えることができれば、少なくとも一定期間は案外困らずに暮らせるものだからです。

失業や転職で、一時的にパパの収入がなくなるor減る程度のピンチなら、ママが一切働かなくても、節約力と貯蓄で持ちこたえられる場合もあります。

「どっしりママ」は、たいてい節約家。それなり以上に稼ぎがあっても、しょっちゅう旅行や外食をするわけでもかく、美容や洋服にも多くは使わず、ファストファッションなどをうまく取り入れてシンプルに暮らすママが目立ちます。

それもきっと、「パパにいつ何があるかわからない」という意識があるからなのでしょう。

もちろん、今はパパや自分自身ががっつり稼いでいて、貯蓄分を除いても余裕があり、節約する必要はないというママもいるでしょう。しかし将来、何らかの理由で、その収入が激減する可能性がないとはいえません。

家計に余裕のあるママも、万が一、収入が激減したときのために、ときどき節約月間をつくって、ミニマム家計をシミュレーションしておくとベター。

「最低限これだけあれば、うちは暮らせる」というラインを明確に把握しておけば、一時的に収入が減っても慌てずに済みます。

■4.役立つサービス・制度に関する知識

世の中には、自治体が主導する子育て支援サービス(ファミリーサポート、認可保育園の一時保育など)をはじめ、いざというときの助けとなる情報がたくさんあります。

今はインターネットで何でも調べられる時代ですが、そのかわり、情報量が膨大で、いざ有用な情報を探し出そうとすると、けっこう時間もかかります。

いざというときスムーズに情報を集めるためには、普段からアンテナを張って、ピンチのときに使えそうな口コミ情報を仕入れたり、本やインターネットで知識を身につけたりしておくことも必要でしょう。

とはいえ、現状で困っていないと、なかなか本気でリサーチするモチベーションは起こりませんよね。

それなら、物知りで情報通のママ友を持つというのも一つの手です。特に、すでにピンチを何度か体験している経験豊富なママは、知識も豊富。

おそらく、急な夫の転職やトラブルなど、何かあるたびに、ピンチの切り抜け方や新しい仕事、子どもの預け先などを必死で探すので、情報収集力が磨かれ、知識も積み重なっていくのでしょう。

いざ困ったときだけでなく、普段からピンチを切り抜けた体験談などを聞かせてもらうと、参考になりますし、どっしりした姿勢を学べます。

■まとめ:どっしりしておくと、後でママ自身がラク

以上、今回は、「どっしりママ」たちの言動から見えてきた、パパのピンチのときも落ち着いて乗り切るために必要な条件をご紹介しました。

一見、人一倍楽天的でのんきにも見える「どっしりママ」ですが、よく話してみると、常に夫の気持ちを考え、フォローし、将来のリスクともきちんと向き合っていることが伝わってきます。

もちろん夫婦関係はさまざまなので、ママがパパを頼りにしきっていて、収入面も将来もパパにお任せ、というケースもあるでしょう。

しかし前述したように、今の時代、どんな有能な働き者のパパにも、予期せぬトラブルが起こることはあり得ます。結局、パパだけを当てにしすぎず「何かあったら私が頑張る!」と覚悟して、備えておいた方が、ママ自身の負担がより少なく済むのではないでしょうか。

そもそも女性は男性より精神年齢が高く、しっかり者が多い傾向があります。家族の精神的な支柱がママになっていくのは、自然な流れなのかもしれません。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス