最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

AKB48総選挙・感謝祭を開催! 撮影OKでファンと至近距離に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10月8日、幕張メッセ国際展示場4~5ホールで、『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』が行われた。このコンサートは昨年より始まったイベントで、選抜総選挙に対する感謝の気持ちをメンバーがファンに伝えるものとして実施。第1部には17位~80位のメンバー、第2部には16位~1位の選抜メンバーたちがそれぞれ登場し、ファンとおおいに盛り上がった。

まず第1部では、「だらしない愛し方」(アンダーガールズ)、「戸惑ってためらって」(ネクストガールズ)、「自分たちの恋に限って」(フューチャーガールズ)、「月の仮面」(アップカミングガールズ)といった選挙ランクインメンバーのために与えられた楽曲を披露し、会場のボルテージを上げる。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1410395

中盤は卒業した須藤凜々花を除く15名のアンダーガールズをセンターにしたユニット曲を披露。松村香織がセンターを務めた「ウィンブルドンへ連れていって」では、トロッコで会場を移動する予定が松村のトロッコだけが意図的に動かないという演出もあり、会場を笑わせた。

終盤には撮影OKの時間もあり、ファンとより近い距離でコンサートを楽しんむ。アンコールもあり、最後は出演メンバー全員で「アリガトウ」を歌い、感謝の思いを届けた。

続く第2部では、選抜メンバーが登場。今回選抜曲の「#好きなんだ」を全員で披露してコンサートがスタート。こちらの見どころは、選抜メンバー16名がそれぞれソロ曲を披露するということだ。

今年、躍進を遂げたNMB48の吉田朱里の「ジッパー」に始まり、11位では卒業を発表している北原里英が前田敦子の卒業ソング「夢の河」を歌唱。泣かせにきたのかと思いきや、歌の音程を見事に外してみせ、演出の一環で壇上に上がっていた横山由依、指原莉乃、荻野由佳、本間日陽がズッコける展開に会場は笑いに包まれた。曲後のMCでは「あっちゃんの東京ドームで卒業したときの完コピです。私が歌ったあとになぁちゃんが歌ったので、申し訳なくなった」と歌唱力に定評のある岡田奈々との差に恐縮していた。

さらには8位の惣田紗莉渚がミュージカル風な演出を加えたり、須田亜香里が歌わずにコンテンポラリーダンスのみでパフォーマンスを完結させるなど全体的に個性を際立たせた演出になっていた。

選抜メンバーも同じように撮影タイムがあり、1位を取った指原莉乃の代表曲「それでも好きだよ」を歌い、本編が終了。アンコール後には、渡辺麻友最後の選抜でありセンターを務める50thシングル「11月のアンクレット」を初披露。ラストにはランクインメンバー全員が登場し「アリガトウ」と披露して、感謝祭全日程の幕が閉じた。

ファンは次回の総選挙開催を信じ、それぞれの選挙戦に向け既に準備をしているという。来年はどんな結果が待ち受けているのだろうか。戦いはもう始まっている。 <取材・文/日刊SPA!取材班>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス