最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「りぼん」のアイドルだった種村有菜は、なぜ“炎上少女マンガ家”になったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『神風怪盗ジャンヌ』『満月をさがして』『紳士同盟』(集英社)など、数々の少女マンガを世に送り出した漫画家・種村有菜氏。1996年に、「りぼんオリジナル」(同)でデビューして以降、「りぼん」にて、主に華やかでファンタジックな世界観に生きる、可憐でたくましいヒロインを描き続け、11年からは「マーガレット」(同)や「メロディ」(白泉社)にて、イケメン男子が活躍する学園ストーリーや、アラサーの喪女が15歳の美少女に若返ってアイドルになる“逆・変身少女”作品も描いている。

これらの作品で、多くの少女マンガファンのハートをつかみ、人気少女マンガ家となった種村氏だが、ネット上では、かねてから“炎上少女マンガ家”として名を馳せているというのだ。

■種村有菜が起こしてきた炎上の数々

「種村さんの炎上騒動は、枚挙に暇がありません。例えば、有名なところでいうと、2010年、元アシスタントとTwitter上で大喧嘩を繰り広げたことがありました。ある元アシが、突如種村さんからTwitterをブロックされたことをきっかけに、『仕事中、ヒステリーを起こして暴言を吐かれた』『怨念めいた長文メールを送ってきた』『給料が安すぎる』『給与外の掃除までやらされた』などと暴露。これに対して種村さんは、当初無言を貫いていたものの、一部の読者に向けて、『元アシの言っていることは事実無根であり、精神状態が普通ではない』といったDMを送ったことが発覚し、さらなる大炎上に発展してしまいました。種村さんのファンの中には、『まさかこんな人だったとは』と幻滅する人が少なくなかったようです」(少女マンガウォッチャー)

ほかにも、『神風怪盗ジャンヌ』『満月をさがして』の性描写ありの18禁同人誌を発行したことで、「思い出を汚された」「ショック」「集英社は許してるの?」とファンを騒然とさせたり、『おそ松さん』の18禁同人誌を発行予定だったものの、種村氏が公式に同作とのコラボ企画を行っている立場であることから、ネット上で「同人誌を出すのはいかがなものか?」と批判され、販売中止になるなど、同人誌界隈でも数々の炎上を起こしている。

「昨年ファンを集って開催した種村さんの聖誕祭では、会費が7,000円となかなかのお値段だったにもかかわらず、ビュッフェの料理が少なすぎて、食べられない人が続出し、『ケチすぎる』と大炎上したことも。そして最新の騒動は、『アイナナ夢女子ブロック事件』といわれるもの。種村さんは、スマートフォンアプリ『アイドリッシュセブンシリーズ』のキャラクター原案とマンガ版の作画を担当しているんですが、同作ファンの“夢女子(キャラクターと自身の恋愛関係を妄想するファン)”をTwitterで次々にブロックしていることが発覚したんです。『自身のお気に入りキャラの夢女子が許せなかったんじゃないか』といった疑惑がネット上に浮上しています」(同)

この“夢女子”たちが、もともと“アンチ種村”だった説があるため、ネット上では「ブロックされても当然」といった声があるものの、「キャラクター原案を担当している人物が、ファンを一方的にブロックするのはひどい」「おとなげない行為」などとする声も多数飛び交っている。

なぜ、種村氏は、これほどまでにネット上で嫌われているのだろうか。前出の少女マンガウォッチャーは、種村氏が嫌われだしたきっかけについて、次のように語る。

「種村さんは、デビュー当時からとにかく絵の華やかさに定評があり、『りぼん』では珍しかった変身少女もので読者から絶大な人気を獲得しました。同誌にとって彼女の登場は、エポックメイキングだったと思います。彼女は、褒められて伸びるタイプなのか、作品が評価されれば評価されるほど、いい意味で調子に乗って、絵がさらにうまくなっていった印象もありますね。こうして、『りぼん』のアイドル的存在になっていったわけですが、ネット上で目を付けられだしたのは、彼女が“顔出し”をしたのがきっかけだったのでは。本人が描いた可愛らしい自画像とはイメージが違ったようで、読者やネットユーザーがザワついていたのを覚えています。悲しいかな、少女マンガ家というのは、ファンから作品のキャラクターとその人物自身が同一視されがちなんです」

また、もう1つの理由に挙げられるのが、「単行本の柱コメント」(同)だという。アンチから届いた手紙への返信を単行本の柱に載せるなど、「イタいと思う読者も少なくなかったようです」(同)。

こうした背景から、ネットユーザーに“監視”され出した種村氏。それに拍車をかけたのが、彼女の“自己評価の高さ”だったようだ。

「種村さんは売れっ子マンガ家ですから、当然、周囲から丁重に扱われますし、信者的なファンも多くついているので、自己評価が高くなるのは言ってしまえば普通のことだと思うんです。さらに彼女は、それを作品にも反映させている節があった。誰からも愛される屈託のないヒロイン像は、彼女の自己評価の高さから生まれたといった印象もありますね。ただ、そのお姫様気質が、アンチに鼻につくのでしょう」(同)

事実、これまで勃発した炎上騒動についても、「種村さんじゃなかったら、これほどまでに批判されていたのかな? と思ったことは何度もあります」(同)という。

「ただ、そんな余計なことをしなくてもいいのでは……と思うことはあります。種村さんは12年、『桜姫華伝』を最後に、『りぼん』を卒業。ネット上では、同人活動が原因で、『りぼん』を追放されたのではないかといったウワサが広まりましたが、本人はこれを完全否定しています。その後、種村さんは、他誌でも連載を始めたものの、同人誌で、『りぼん編集部のことを描いたのではないか』と思われるオリジナル作品の同人誌を発表し、ネット上で物議を醸すことになりました」(同)

同作は、審査を通過した美しいお嬢様たちが集められた、森の中の大きなお城が舞台。ここでお嬢様たちは、世間から隔離されて優雅な生活を送っているものの、人気投票で最下位になった者は、城を追放される。主人公は、この人気投票でトップをキープし続けるが、ある日そんな自分に疑問を感じて、自らの意志で城を飛び出す――といったストーリーだ。

「まるで、『りぼん』を辞めさせられたのではない、自分から辞めたんだと言いたげなストーリーですよね。ネットで卒業の経緯について臆測が飛び交っていたのが許せなかったのかもしれませんが、これをマンガにする必要はあったのか。実際に、ネット上では、『自分を美化している』などと散々叩かれていました。自ら炎上を起こしにいっているようなものですよ」(同)

種村氏の「りぼん」卒業は、当時読者にも衝撃的な出来事で、「社内でも、“売れっ子作家の種村有菜のいない『りぼん』”を不安がっていた人はいたと思います。ただ、蓋を開けてみれば、発行部数が激減したということはなかった。島田紳助が引退した時、『芸能界が変わるのでは?』と騒がれたものの、特に何も起こらなかったのと、似ているかもしれませんね」(同)。

こうして、炎上少女マンガ家としてのゆるぎない地位を築いた種村氏。それでも、これだけ長年ネットユーザーを魅了しているのは、ある意味才能かもしれない。次に、どんな騒動を起こしてくれるのか、楽しみに待ちたい。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス