最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【潜入】世にも珍しい「かつで飲めるバー」があるらしいので入ってみた! 東京・中野『かつbar Harubar(ハルバル)』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バー。そこは大人たちが夜な夜な集う隠れ家。バーで飲むようになったら、いよいよ大人になった感じがする。つまみなんて大したものはいらない。黙ってシングルモルトを傾ける。これである。私(あひるねこ)の中では、バーとはそういう場所だった。

しかし、そんな私の貧困なイメージを覆すようなバーを見つけてしまった。なんとそこは、かつで飲める「かつバー」なのである。“かつ” って、トンカツや串カツの “かつ” のこと? いやいや、どんなバーなんだよ。というわけで、その「かつバー」とやらに潜入してきたぞ!

・「かつバー」って何だ?
JR中野駅を出て中野通りをまーっすぐ歩いていくと、通り沿いに「Bar」と書かれているお店を発見した。へえ、バーなんだ……。と、通り過ぎようとすると、どうも外に貼ってあるメニューがバーらしくない。いやに肉々しいのだ。何だここは!? 気になったので、その奇妙なバーに勇気を出して入ってみた。

・見た目はトンカツ屋
カウンターだけの店内。先客はワイングラスを手に酒を楽しんでいる。ボトルを開けているカップルも。しかし、入った瞬間に思ったのだが……ここは、トンカツ屋ではないのか。だって、カウンターの中にある厨房に思いっきりフライヤーあるし。

ただ、置いてある酒の種類はトンカツ屋にしては豊富だ。ビール以外にもハイボール、カクテル、ワインなどがある(すべて税抜500円)。謎である。

・かつで飲む
とはいえ、非常に魅力的なメニューの数々には抗えない。とりあえず、オススメされていた『ミルフィーユ牛カツ』をハーフサイズ(税抜500円)で頼んでみることに。他にもトンカツ、ハムカツ、メンチカツなど、どう考えてもバーらしくない品が並ぶ。

・牛カツがウマい
恐る恐る頼んでみたものの、中が少しレア気味に揚がった『ミルフィーユ牛カツ』、これが普通にめちゃウマなので大正解だった。ソースと塩もあるが、わさび醤油で食べるのが特にウマい。あまり重すぎないため、つまみとしてもちょうどいいだろう。ワンコインにしてはかなりいい感じである。

・酒が何でもある
次は何を飲もうかとメニューを眺めると、なんと日本酒や焼酎まであるではないか。なんかもう、バーとかどうでもよくなってきたぞ。そこで日本酒を頼んでみたところ、ワイングラスに注がれての登場だ。ギリギリのラインでバーっぽさが保たれている感。でも、これはグッジョブよ。

・寿司まである
こちらは、かつ以外にも肉料理全般が充実しているようだ。ローストビーフもウマかったが、『肉寿司(税抜500円)』という牛肉がのった寿司もオススメ。バーナーで炙られた異なる部位の寿司が2貫。ウマいわ、こんなん。肉の甘みを強く感じられる逸品だった。

・不思議なバー
かつバーに来ていたはずなのに、日本酒を飲みながら寿司を食べている状況は何なのか。トンカツ屋で飲むのともまた雰囲気が違う、実に不思議なお店であった。ただ、バーなのにチャージ代がかからないのは非常に良い。こういうバーなら大歓迎だ。ドンドン来い!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 かつbar Harubar(ハルバル)
住所 東京都中野区新井2-7-12 エントピア中野 1F
時間 11:30~15:00、17:30~23:00(火~日)、11:30~15:00、17:30~お客が帰るまで(土)
休日 月

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る


外部リンク(ロケットニュース24)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス