最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

標高よりもワクワク重視!「低山ハイキング」を楽しむ2つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
低山ハイキングを楽しむ2つの秘訣とは?
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。前回は、低山ハイキングを楽しみながら、日頃の運動不足をちゃっかり解消しちゃいましょうという提案の元に、東京都八王子市の高尾山をご紹介しました。今回は、低山ハイキングを成功させる2つの秘訣をご紹介します。山で楽しみながら、元氣に綺麗になるために読んでおきましょう!

◆低山ハイキング成功の秘訣
前回は、高尾山を例に取り上げていろいろなルートをご紹介しました。ここにはOK和男が伝えておきたい2つの「低山ハイキング成功の秘訣」が潜んでいました。それは・・・?

1つ目の低山ハイキング成功の秘訣は、ズバリ「山選び」!
「低い山なら簡単だろう!楽だろう!」と安易に考えると後悔することになるかもしれません。標高が低くても登山道がしっかりしていない山もあるので、登る山の特徴をしっかりと知り体力に合わせて選ぶようにしましょう。

2つ目の低山ハイキング成功の秘訣は、「自分に適したルート選び」!
前回事例に取り上げた高尾山には、代表的なものだけでも8つのルートがありました。そしてそれぞれ傾斜や距離など難易度が違います。同じ山でも登るルートによって、優しくも厳しくもなることを心得て登るルートを決めましょう。

おさらい!
☆標高と難易度は必ずしも一致していないので、事前情報をしっかりキャッチする事!
☆同じ山でもルートにより難易度が変わるので、事前に十分な下調べをしましょう!
ルートを事前にリサーチ
◆山を決める基準は、標高よりも「ワクワクポイント」にあり!
さて、山は決まりましたか?はじめは初心者向けの表示があるところがお勧めです。その際に歩行時間の目安としては、体力に自信がない人は2時間以内のコース。しっかり歩きたい人は2~3時間のコース。回を重ねて体力がついてきたら5~6時間のコースにチャレンジしてみるのもいいですね。

大切な山選びでもう一つ見逃せないのが登山口までのアクセスです。登山口まで車で行ける(十分な駐車スペースがある)。あるいは、バスや電車などの公共交通機関があり、運行本数も多く駅から登山口まで歩いて行けるところがOKです。

登る前に疲れ果ててしまったり、帰りの交通機関がなくなってしまったりしないように注意しましょう。

そのうえで、「行ってみたい名所がある」「目に焼き付けたい絶景スポットがある」「美しい花が咲く」など心のワクワクポイントが高い山だと気分も上がり最高ですね!

あなたのワクワクポイントは
◆心は既にワクワク♪
ちょっとした旅行気分で、これから歩いてみたい山や好きな山を見つけるこのプロセスも心が躍ります。低山ハイキングを成功させる2つの秘訣に基づいて、山とそのルートが決まったら、より安全に楽しむための準備も始めましょう。

次回は、低山ハイキングをより安全に楽しむための装備についてOKポイントをご紹介します。お楽しみに~。マハロ~!
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス