最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

婚活失敗女性は注意!男が逃げる40代の「痛い口グセ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐突ですが、みなさんはどんな口グセを、自覚していらっしゃいますか?

「それなりに動いているのに、いい出会いになかなか恵まれない!」とお嘆きの40代女性のなかには、自分でも気づかないうちに発している“口グセ”が災いしている人も!

「もしかして、私の口グセも男性を遠ざけてる!?」と、ギョッとした40代女性のみなさま。こんにちは、並木まきです。

今回は、男性が「痛い!」と嫌うことが少なくない、40代女性の3大NG口グセを見ていきましょう。

口グセのせいで男性を遠ざけていたら、とても残念です!

痛い口グセ1:「要するに」「つまり」



男性の発言に対し、なにげなく「要するに……」と発するクセがあると、とてもデンジャラスです。

この言葉を聞いた瞬間に「この女性は、話の要点をまとめたがっている」「僕との会話を、早く切り上げたがっている」という意図を感じてしまう男性もいて、“心地よい会話”からは程遠くなることが。

「僕の話が長かったのかな?」「俺が言ったことがわかりにくかったんだろうか」などと、無用な不安を与えやすいフレーズでもあります。

また、仕事でもそれなりの立場になっている40代女性の「要するに」は、相手を小馬鹿にしつつ場を仕切っている雰囲気も醸し出しがちに。

男性の意見に反論しているワケでもないのに、強気な印象を与えてしまうこともあり、ゲンナリされやすい口グセのひとつです。

痛い口グセ2:「ヤバい!」




若い頃から「ヤバい!」を多用してきた女性ほど、40代になっても昔と変わらずに「ヤバい!」を連呼していませんか?

20代そこそこの女性が使う「ヤバい!」と40代女性が発する「ヤバい!」は、同じ言葉でも、男性に与える印象はガラリと変わることが。

ネタのように“わざと”使う「ヤバい!」は可愛らしく映っても、本気で「ヤバい!」を連呼している40代女性は、幼い印象やガサツなイメージを与えてしまいやすいのです。

さらに「この女性は、40代にもなってボキャブラリーが乏しすぎないか?」なんて男性に思われれば、知性すら疑われる事態に!

嬉しいときも美味しいときも驚いたときも「ヤバい!」で済ませるクセがある女性は、それだけで男性を遠ざけてしまっているかもしれません。

痛い口グセ3:「なんか」「みたいな」




物事に対して断言するのは気が引ける女性ほど「なんか」「~みたいな」などと、ファジーな言い回しを好んで使っていませんか?

実は、この口グセも40代女性が多用してしまうと微妙な雰囲気を醸し出し、男性から「幼いな」などと、ギョッとされやすいのです。

「なんか、お腹すいた」「私って大変みたいなぁ~」など、日常的に使いやすい表現でもありますし、少々使っているくらいなら耳に残らないものの、多用した途端に40代にはそぐわない幼稚な会話にも聞こえてしまいます。

どことなく曖昧な性格にも受け取られてしまい、「ハッキリしてよ!」とイライラしてしまう男性もいるので、くれぐれもご注意を。

それなりに人生経験を積んでいるはずの40代女性から、ファジーで曖昧な言葉を聞き続けると、イラついてしまう男性も決して珍しくないのです!

「でも」「だって」などの言い訳口調は、男性に嫌われる口グセの典型と言われますが、40代女性が痛々しく見えてしまう口グセはそれだけではありません。

発する言葉は、その女性のイメージを左右しますよね。

「いい出会いに恵まれなくて」の理由が口グセにあったら、もったいないお話に。心当たりがあった女性は、発する言葉を変えてみるだけで、恋愛が思いのほかうまくいきはじめるかも!

外部リンク(OTONA SALONE)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス