最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

竹内涼真、『陸王』第1話に目潤ませる「こみ上げてきそう」「誇りに思う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の竹内涼真が8日、都内で行われたTBS系日曜劇場『陸王』(10月15日スタート、毎週日曜21:00~)の特別試写会&舞台挨拶に出席。第1話を観て目を潤ませ、出演の喜びを語った。

ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説を原作とする同ドラマは、かつては隆盛を誇った倒産寸前の足袋屋「こはぜ屋」が、仲間たちと共に復活を目指し、ランニングシューズの開発に挑んでいく物語。主人公の「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人を竹内涼真が演じる。

竹内は、第1話を観た感想を聞かれ、「こみ上げてきそうなので、あまりしゃべりたくないんですけど……観ているときからずぶずぶだった」と目を潤ませながらコメント。「第1話はこはぜ屋さんと絡むシーンがないので、どうなるのかなと思っていて、1話を観て本当に感動しました」と話し、「『陸王』という作品に携われているんだなと誇りに思いましたし、最後までもっと死ぬ気で頑張らないといけないなと思いました」と熱く語った。

また、撮影での苦労を聞かれると「つらいなとか大変だなと思ったことはないです」と答え、豊橋市で撮影した第1話のマラソン大会のシーンについて「想像している以上のお客さんとエキストラの皆さんが集まってくれた。ランニングシューズを作っていく起点となるシーン。声援をいただきながらランニングできるのは素敵なことだなと思いながら、すごく気持ちが入ったいい撮影でした」と振り返り、「実際に映像で観て、あれだけのお客さんが集まるってなかなかないので、素晴らしいなと思いました」と話した。

舞台挨拶には、竹内のほか、主演の役所広司をはじめ、山﨑賢人、上白石萌音、風間俊介、小籔千豊、ピエール瀧が出席した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス