最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アラサーなのに不倫にハマってしまった時、注意したいこと3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代のうちなら、不倫をしてどうにもならなくなってお別れしても、まだまだやり直しがききます。新しい出会いを探して別の彼氏を作るのは、それほど難しくはないでしょう。ふさわしい相手選びをし直せるなら、結婚にもあまり支障はないはずです。

でも、30歳前後でいわゆる「適齢期」を迎えての不倫は、かなりのリスクを伴います。その後の人生にも大きな影響を与えかねないので、注意が必要なのです。

■ 1.結婚したい? 子供は産みたい?

アラサーで不倫してしまったら考えるべきこと

アラサーで不倫にハマっているなら、冷静に一度自問自答してほしいのですが……あなたは結婚したいですか? 子供を産みたいですか?

この問いかけに対する答え次第では、今すぐ既婚の彼氏とお別れしたほうが良いといえます。たとえ彼が「妻とは別れる」と言っていても、結婚と出産のチャンスを取りこぼしてしまう可能性は高いでしょう。

たとえば……31歳で不倫をスタートさせて既婚男性と3年付き合ったとします。そうすると34歳で新しい彼氏を見つけなければいけないのですが、結婚と出産を望むなら、年齢的に結構ギリギリではないかと思います。

女性の価値や魅力は、もちろん年齢だけでははかれないのですが、婚活市場で男性が女性の年齢を重視していることは間違いなく、子供を産むことも考えれば34歳というのは、やっぱり「ギリギリ」です。

婚活を余裕を持ってやりたい、結婚や出産を計画的に実現したいと考えるなら、アラサーの不倫はとてもキケン。潔い判断が必要かもしれませんよ。

■ 2.彼に何を求めているの?

アラサーで不倫してしまったら

不倫は我慢が多く、つらい思いをすることが多い恋愛です。精神的にボロボロになり、正しい判断を下せなくなる場面も少なくないでしょう。

「もう、どうすればいいのかわからない」と行き詰って、ひたすら彼の奥さんを恨んだり、そんな自分に気づいて自己嫌悪に陥ったりすることは、不倫にはよくある流れ。

でも、そうなる前に、一度自分に確認してみてほしいのです。

「自分は彼に何を求めているのか?」を。

もし、結婚を望んでいるなら、彼の自分に対する真剣度を客観的に見極める必要があります。冷静な判断ができないなら、友人に頼んだり、お金を使って興信所を利用したりしても良いでしょう。そして、彼が真面目に妻と離婚の話を進めているなら待っても良いだろうし、その気配がまったくないのなら、すぐに別れたほうが良いといえます。

あるいは、結婚は望んでいない場合、じゃああなたは彼に何を求めているのでしょうか? 恋人としてのお付き合い? 体の関係?

何にしても、割り切って交際できるのなら、心はそれほどつらくならないはず。頭では「彼とは割り切ったお付き合い」「結婚は求めていない」と思っていても、一人でいる時に苦しくなるのなら、それは本心ではありません。本当の望みを正しく見極めるところから始めましょう。

■ 3.彼と付き合っていて、プラスはある?

不倫したら考えるべきこと

彼とお付き合いすることで、あなたには何かプラスがあるでしょうか? 「好きな人と一緒にいるだけでいい」という甘い恋の感覚ではなく、とても現実的で物質的な視点から考えてみてください。

・彼との交際で、仕事に良い影響がある

・それまでの自分にはない価値観や考え方を彼から教わった

・彼と一緒にいると行動範囲が広がって、視野も広がる

・彼を介して人脈が広がった

こうしたプラスがあるなら、不倫にも価値があるのですが、それらもないならアラサーで不倫をするメリットがないかもしれません。

恋愛は基本的に「好き」という気持ちが満たされれば良いのですが、不倫というそもそもリスクのある恋をするなら、プラスアルファもあったほうが良いでしょう。そのくらいしたたかに彼と向き合うのが、不倫関係においてはちょうど良いと思うのですが……。

■ さいごに

どういう結末になるにしても、結局のところは自分次第。筆者にも経験がありますが、交際中はもちろん、別れるにしても普通の恋愛よりつらさは大きいように思います。だからこそ、時間をムダにしただけで終わるのは、絶対に避けたいところです。

アラサーで不倫にハマってしまう時は、情念におぼれないよう、冷静な見極めをしながら判断することが大事だと思いますよ。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス