最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

つけまつげから靴、家具、お神輿まで、刑務所の中で作っているモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■けっこう役に立ってる「ムショの資格」

もうすっかり秋ですね。秋祭りや文化祭の季節でもあり、各地の刑務所で「矯正展」が開催されます。お祭り大好きな私はワクワクです。我が母校(?)の和歌山刑務所と岩国刑務所も毎年開催しています。

受刑者の作った「刑務作業品」を売ったり、「ムショ飯」を再現したりするんですが、なかなかの人気です。懐かしいですね。全国の刑務所から担当者が来るので、和歌山で函館のグッズも買えるんです。私の担当編集者さんもグッズを密かにいっぱい持っているそうです。

何回か書かせていただいていますが、「懲役」というのは、ムショや拘置所などで「所定の作業」を行う刑罰です。この「所定の作業」には、工場で何かを作ったりするほか、施設内の掃除や洗濯、炊事、差し入れされた本の整理、高齢や障碍のある収容者の介助なんかもあります。

うんとざっくり分けると、工場で何かを作るのは「一般工場」、それ以外は「計算(経理というところもあります)工場」といいます。別に計算するわけでもないんですが、そういう呼び方なんですね。それがさらに「縫製工場」とか「洗濯工場」とかとかに分けられます。ちなみに作業をしないのは「禁固刑」で、悠々自適といわれていますが、そういう人はムショではなく拘置所に収容されます。

受刑者は、こういう作業をしながら資格を取ることもできます。施設によって違いますが、女子刑務所ではネイリストのコースもあります。あとはホームヘルパー、ボイラー技士、危険物取扱者などの資格も取れるんですよ。ちなみに私はフォークリフト運転の資格が取れて、免許証は今も保管しています。宅建の講習も受けました。

今も役に立っているのは縫製です。縫製工場にいた時に、ミシン作業はめっちゃ上達しましたよ。シャバに戻ってからも、地元の「だんじり祭り」の法被(はっぴ)や息子たちのズボンなどを縫っています。

思えば、ムショもいろいろやってますね。もちろん、もう戻りたくないですけどね(笑)。

矯正展では、全国の一般工場で作ったパンやバッグ、文具、靴、家具、お神輿(あるんですよ)などが売られています。最低賃金法が適用されない受刑者の時給で10円くらい、人件費はほぼかからないので、かなりお安く買うことができます。

なので、100円ショップで売られている物も、ティッシュケースとかツケマとか、けっこう刑務作業品があるんですよ。クリップなどの中国製品を箱詰めする作業もあります。私は1日に2,000個パチパチ詰めて、加算給30%(世間で言う「ボーナス」)を毎月もらいました(笑)。何かトラブルをやらかして独居の時は、ヒマなんで、朝から夕方までひたすらやるしかないですしね。

矯正展では、全国の工場での作業品を売るほか、施設独自の工夫もあって面白いです。旭川刑務所などは、駅から護送車の送迎があります。護送車といっても、外見は普通のワゴン車で、中からは開けられません。それと、東京拘置所では、刑場を公開した年もあったそうです。あんまり見たくないですけどね。

特に人気なのは「ムショ飯」で、それを再現した麦飯入りの「プリズン弁当」は、施設ごとに違っておいしいそうです。私の地元・大阪刑務所のパンも大人気で、ドライフルーツ入りのコッペパンはなかなかの代物です。府中刑務所のコッペパンも2時間待ちくらいの行列ができるそうですよ。また、収容者の性格や適性を診断する「性格検査」の体験コーナーが「当たってる!」と評判なので、ぜひやってみてください。

受刑者も一生懸命作ったものが売れるのは、励みになります。一度ぜひ、いらしてください。

中野瑠美(なかの・るみ
1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などへの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)

外部リンク(サイゾーウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス