最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『サマナーズウォー』日本一のプレイヤー決定! 米「ワールド決戦」進出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォン向け王道RPGゲーム『サマナーズウォー:Sky Arena』の日本ナンバーワンプレイヤーを決定する本戦が7日、東京都千代田区・秋葉原にて開催された。日本国内で初となる今大会で見事に優勝者および準優勝者となったプレイヤーは、11月に米国ロサンゼルスで開催予定のワールド決戦へ進出できる。日本各地から選りすぐりのプレイヤー16人が集結し、日本一を目指して白熱した戦いを見せた。

2014年6月にリリースした『サマナーズウォー: Sky Arena』は日本をはじめ、アメリカ、台湾、ドイツ、香港など全世界160か国以上で約8,000万ダウンロード突破の大ヒットアプリ。そのバトルゲーム大会である『2017 サマナーズウォー ワールドアリーナチャンピオンシップ 日本本戦 Supported by RAGE』は、日本一のプレイヤーを決めるとともに「ワールド決戦」の出場者を決める大会でもある。東京の他にも上海、台北、バンコク、香港、LA、NY、パリ、ソウルでもワールド決戦出場者を選抜する本戦を開催する。

18時半から開始した決勝戦では、トーナメントを勝ち進んできた「UT-play」と「おじいぺん」が対決することに。同ゲームではプレイヤーは召喚士となり、モンスターを召喚してバトルする。3Dグラフィックスによるモンスターバトルや、1,000体以上のモンスターと装備品を組み合わせることで自分だけのモンスターを育成できるシステムが特徴だ。

会場は『サマナーズウォー』ファンが埋め尽くし、ステージでハイレベルのバトルを繰り広げる2人に見入っていた。プレイヤー後方の大スクリーンにゲーム画面が映し出され、「クリティカル」など大打撃を与える技が出ると「おーっ!」という声や拍手が沸き起こる。観客たちも皆、手に汗握るバトルにスクリーンを真剣に見つめている。

決勝戦は3本先取したプレイヤーが勝ちとなるが、「UT-play」も「おじいぺん」も一歩も引けを取らず、勝敗は2対2までもつれ込んだ。そして最後の優勝を賭けた1戦で見事に勝ちを射止めたのは「UT-play」。日本一のプレイヤーが決まった瞬間だ。司会の辻よしなりが「優勝はUT-Play!」と宣言すると、会場からは割れんばかりの盛大な拍手が送られた。

表彰式では3位の「アイアム快」と「ぷやや」に銅メダルと副賞が、準優勝の「おじいぺん」には銀メダルと銀のマントと副賞、そして「ワールド決戦出場権」が贈られた。「今日の戦いはどうでしたか?」と聞かれた「おじいぺん」は「いいゲームだったので、とても楽しかったです」と笑顔になり、ワールド決戦には「日本代表となるので、その名に恥じないようしっかり練習して臨みたいと思います」と意気込みを見せた。続けて優勝した「UT-play」に、金メダルと赤いマントと副賞、もちろん「ワールド決戦出場権」も贈られた。「UT-play」は今の気持ちを聞かれて「率直に嬉しいです。見たことのある名前の方たちと実際に会ってプレイして本当に楽しかったです」と優勝を喜んだ。同大会ではマスクを着けてプレイをし、負けるとマスクを外すルールがあった。この時点でマスクを着けているのは優勝した「UT-play」だけ。司会者が「勝者はマスクを取らなくていいんです。でもここでマスクを取りますか?」と問いかけると、「UT-play」は「最初から決めていたんですけど、『負けたら外す』という約束だったので、勝っている以上は外さないです」と勝者のプライドを見せ、会場から「おーっ!」というどよめきと拍手が起こった。

『サマナーズウォー ワールドアリーナ チャンピオンシップ 2017』は、世界中の『サマナーズウォー』プレイヤーが楽しめるグローバル祭りとして、大会賞金合計10万ドル(約1,100 万円)の規模で繰り広げられる。地域別代表決定戦(本戦)は9つの主要都市で9月と10月に行われ、これにより合計16人のプレイヤーが選抜される。各地域を代表するファイナリストのプレイヤーたちは11月に米国LAで開催される「ワールド決戦」の舞台で『サマナーズウォー』世界最強者の称号を勝ち取るため、熱いバトルでしのぎを削る。日本勢の活躍が楽しみだ。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス