最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

長時間のフライトで喉が渇くワケと正しい水分補給の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行機は非常に乾燥しています。フライト中はもちろん、その前後もできるだけ水を飲んだほうがいいでしょう。では、具体的にどれくらい飲めばいいのでしょうか?

機内で喉が渇くわけ


飛行機から降りて、気分が悪くなることってありませんか? その原因はおそらく、病気ではなく脱水症状。身体が十分な水を維持できていないと、疲労、頭痛、悪心などの症状が表れます。そして、飛行機はあなたの水分を奪うのに最適な環境なのです。

Los Angeles Timesによると、基本的に機内は砂漠のような状態ということ。機内の循環システムにより、湿度は10~20%とサハラ砂漠よりも乾燥しています。地上の湿度はたいてい30~60%程度なので、機内がどれだけ水を奪う環境かよくわかるでしょう。理学療法士のYasmin Badiani氏は、Marie Claireのインタビューにおいて、機内で水が失われるのは、湿度不足と酸素不足の組み合わせによるものと述べています。酸素不足は、呼吸数を増加させます。それに、飛行機に乗ると緊張する人は、汗もかいているでしょう。Badiani氏によると、10時間のフライトで、男性は約2リットル、女性は約1.6リットルの水を失うそうです(体内水分の4%)。

飲むべき水の量


どれだけ水を飲むべきかは、フライトの長さによって変わります。米国航空宇宙医学会によると、飛行中は1時間につき約240mlの水を飲むべきだそう。Institute for Altitude Medicineのディレクターを務めるPeter Hackett医学博士は、Conde Nast Travelerのインタビューに対し、3~4時間を超えるフライトの場合は特にこれが当てはまると答えています。それより短いフライトの場合、そこまで渇きを感じることはないそうです。

ただし、1度にその量を飲んではいけません。胃腸・血管外科のLeonard Smith医師は、Mel Magazineにおいて、ボトル1本の水を一気飲みしても、あまり水分補給にはならないと述べています。一気に大量の水を飲むと血液が薄くなり、腎臓が多くの水分を排泄しようとします。つまり、身体を潤す前に、水分が尿として捨てられてしまうのです。

ですから、一気飲みはNG! もし一気飲みをしてしまった場合は、少なくとも立ち上がってトイレに行くようにしてください。脚の血栓を防ぐことができます。トイレに限らず、いつでも立ち上がって動くことを心がけてください。

お酒にはチェイサーを

jrbi9bmgvbr35yexyaxv
Image: vxla/Flickr

どうしてもブラッディ・マリーをダブルで飲みたいなら、そうしても構いません。ただし、一緒に水を1杯もらうようにしましょう。お酒1杯につき、240mlの水で十分です。あとは、できるだけアルコールは少なめに抑えましょう。飲みたくなる気持ちはわかりますが。

その他の方法


身体の渇きをいやす方法は、水以外にもあります。「コーヒーや紅茶は逆に脱水症状になる」とまことしやかに言われていますが、そんなことはありません。きちんと水分補給につながりますのでご安心を。ただ、コーヒーや紅茶を作るのに使っている機内の水は、あまり清潔ではないことを知っておきましょう。Business insiderによると、キャビンアテンダントの中には、コーヒーや紅茶を絶対に飲まない人もいるそうです。

心配な人は、水分補給用のスナックを持ち込むのがいいでしょう。果物、野菜、ヨーグルトなどが効果的です。塩分の多い食べ物は控えてください。鼻が乾燥しやすい人は、生理食塩水の鼻スプレーがおすすめ。頭痛にも効果を発揮します。

最後に、機内の乾燥は皮膚からも水分を奪います。気になる人は、90ml以下の小さなボトルに入ったローションを用意しておきましょう。

Image: Flickr(1, 2

Source: Los Angeles Times, Marie Claire, Aerospace Medical Association, Conde Nast Traveler, MEL Magazine, Business insider, NCBI

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

外部リンク(ライフハッカー[日本版])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス